色紀行  - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

書籍詳細

色紀行 
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

色紀行 

日本の美しい風景
  • 定価=本体3500+税
  • サイズ A5判 上製 オールカラー244ページ
  • ISBN 978-4-86029-374-1
内容紹介

本書は工芸、建築、自然、文化――それぞれの分野に使われた「色」を訪ね、その魅力を再発見していくもの。例えば、琉球列島に福木という植物がある。この福木の皮や葉っぱで染めると鮮やかな黄色になる。また、豊後竹田には紫草という草があり、この草の根で布を染めると、万葉時代の古代紫が蘇るのである。清らかな胡粉の白に出合うには、琵琶湖の竹生島を訪れる。もともと胡粉という白い絵の具は、中国から渡来した鉛から作る。しかし鉛には毒性があり、変色しやすい欠点があった。そこで日本画の絵具、京人形の顔、仮面などの彩色用に貝殻を原料として白を作ったのである。日本に溢れている伝統の色は実に奥が深い。日本はこんなにも色が溢れている国だったのか、と驚かされる。

コメント

"今こそ、自然に対する敬虔な気持ちをもつべきではないか――"
これが著者の根本にある考え方。自然は実に懐が深い。植物の葉や根で染められた布のなんとも形容しがたい微妙な色。まさに日本の伝統色である。染色業を生業とし、「自然を訪ね、自然に訊き、そして自然と調和する姿勢」を、もっとも大切にしている著者が、自然に学びながら日本の伝統色と出合う。見ているだけで、心がなごみ、なんとも贅沢な時間が過ぎていく。


色紀行1.jpg
弁柄

色紀行2.jpg
福木

色紀行3.jpg

こちらの書籍もいかがですか?

色の歳時記