色の歳時記 - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

書籍詳細

色の歳時記
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

色の歳時記

  • 定価=本体2000+税
  • サイズ A5判 上製 120ページ
  • ISBN 978-4-86029-375-8
内容紹介

四季折々に移ろいゆく日本の季節の変化を植物染によるあざやかな色あいで表現したのが本書。植物染は日本において二千年あまりの長い歴史をもっているが、著者は古来の技法を尊びながら、日本の伝統色を染めあらわす仕事を続けてきた。伝統的な歳時記にこめられた意味合いと、歴史的考察もつけ加えられている。新年、桃の節句、端午の節句、七夕、重陽の節句など、それぞれの行事に合わせて、植物染による造り花なども紹介される。公開された作品、全24点も吉岡幸雄氏の手になるもので、実に見事としか言いようがない。

目次

睦月 新年の彩り 如月 春を告げる色 彌生 桃と菜の花の節句 卯月 桜 皐月 端午の節句 水無月 水 文月 七夕 葉月 秋草 長月 重陽の節句 神無月 紅葉 霜月 色なき季(とき) 師走 絹配(きぬくば)り

コメント

本書は、植物染を専らとする一介の染屋が、日本人がこの地の自然風土を尊び、長い歴史のなかで育んできた「和の歳時記」を、なんとか色と形にしてあらわそうとしたものである。それを写真家の小林庸浩氏に見事な写真でとらえていただいた。                  (「あとがき」より)

 

 

 

色の1.jpg

端午の節句の薬玉

 

 

 

色の2.jpg

蓮の花

こちらの書籍もいかがですか?

色紀行