マインドフルネス入門 - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

書籍詳細

マインドフルネス入門
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。
不安、ストレスが消える心の鍛え方

マインドフルネス入門

重版(2刷)出来!
  • 定価=本体1800+税
  • サイズ 四六判並製 256頁
  • ISBN 978-4-86029-419-9
内容紹介

イライラやうつうつ、さらにしつこい怒り。ストレスの多い現代社会に生きる私たちは、マイナスの感情や思考に陥りがち。仏教をベースにしたマインドフルネスの技法を使えば、思考の悪循環を断ち切り、自分をよく理解して自分を好きになることができます。日本的マインドフルネスの自己洞察瞑想療法(SIMT)の瞑想法・呼吸法を解説。マインドフルネス実践の入門書として最適。

目次

1章 イライラ、うつうつはどこからくるのか
2章 「欲・怒り」を乗り越えるために
3章 心を平穏に保ち、病を予防するマインドフルネス
4章 より深くマインドフルネスを理解するために
5章 マインドフルネスの実践

コメント

マインドフルネスとは?

...欧米で生まれたストレス対処法。医療、教育、福祉など、さまざまな分野で応用されつつある。心の病の改善に使われる場合は「マインドフルネス精神療法・心理療法」と呼ばれ、第三世代の認知行動療法とされている。

日本の習慣や文化に合うように改善したものが、著者が確立した日本のマインドフルネスである自己洞察瞑療法(SIMT)で、うつ病や不安障害の改善・再発予防に効果を示している。