菜園から愛をこめて - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

書籍詳細

菜園から愛をこめて
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

菜園から愛をこめて

野菜作りにチャレンジしませんか?
  • 定価=本体1500+税
  • サイズ A5判
  • ISBN 978-4-86029-399-4
内容紹介

「食の安全」「節約」「定年後の趣味」として、リタイアした団塊の世代を中心にブームが続く野菜菜園。テレビ、雑誌などでおなじみの藤田智さんが、野菜作りの魅力と野菜の雑学、さらに自身の体験談を語ったエッセイ本。

目次

はじめに
1章 うれしい! 楽しい! 野菜作り
2章 栽培実践 春夏スタート編
3章 おいしい! 愛おしい! 野菜作り
4章 栽培実践 秋冬スタート編
対談  西城秀樹 藤田 智

コメント

「食の安全」「節約」「定年後の趣味」として、リタイアした団塊の世代を中心にブームが続く野菜菜園。テレビ、雑誌などでおなじみの藤田智さんが、野菜作りの魅力と野菜の雑学、さらに自身の体験談を語ったエッセイ本。さらにトマト、キュウリ、ピーマンなど37種類の野菜の初歩的な育て方などを掲載。NHKの「やさいの時間」で共演した、歌手の西城秀樹さんとの対談も収録。


■本文「はじめに」より一部抜粋

 野菜作りをすると、第一に買い物をするときや外食をするときでも、野菜に対する関心がわいてきます。そして自然と野菜を見る目が養われ、四季の移り変わりに気づく感性が磨かれ、土や野菜に触れることで心が癒され、収穫物を介して家族や隣近所とのコミュニケーションも円滑になります。何よりも、畑にはたくさんの感動があるのです。