小山明子のしあわせ日和 - 書籍情報
おすすめ
繊細さんが「自分のまま」で生きる本
繊細さんが「自分のまま」で生きる本 繊細さは幸せへのコンパス
予約殺到のHSP(繊細な人)専門カウンセラーが今伝えたい、あ...
それでも、幸せになれる
それでも、幸せになれる 「価値大転換時代」の乗りこえ方
新型コロナウイルスにより、人々や社会の価値観は大転換する。 ...

書籍詳細

小山明子のしあわせ日和
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

小山明子のしあわせ日和

大島渚と歩んだ五十年
  • 定価=本体1500+税
  • サイズ 四六判 上製 208頁
  • ISBN 978-4-86029-336-9
内容紹介

病に倒れた大島渚氏を15年間にわたって献身的な介護で支えてきた女優・小山明子さん。職業柄、なにかと世間の耳目を集めてしまうことへの葛藤、小山さん自身、介護うつになり入退院を繰り返すなど、危機や困難も多々ありました。それらをどうやって乗り越え「いまが一番しあわせ」と笑える今日を手に入れたのか。愛ある介護をしなやかに明るく実践する大島・小山ご夫婦の日々が詰まった1冊です。今年10月30日に、金婚式を迎えるお二人。寄り添い続けた50年、夫婦愛がつまった、感動のエッセイ集です!

目次

・口絵4頁カラー(結婚式の写真、2009年の喜寿のお祝いなど)   大島渚との五十年 私の介護術  自分のリフレッシュも忘れない   家族の絆   特別対談 瀬戸内寂聴さんと語る(生きることは、愛すること)  親子鼎談 大島家のこれまで、これから(長男・大島武氏、次男・大島新氏)

コメント

瀬戸内寂聴さんから小山明子さんに寄せられた推薦文
小山明子さんは七十代半ばなのに、五十代の女盛りの美しさに輝いている。
その美の秘訣がこの本に惜しみなく明かされている。
病夫 大島渚への無償の愛と献身こそ、美と若さの妙薬であった!!

 

小山明子2.jpg


 

小山明子1.jpg