じいじの森 - 書籍情報
おすすめ
繊細さんが「自分のまま」で生きる本
繊細さんが「自分のまま」で生きる本 繊細さは幸せへのコンパス
予約殺到のHSP(繊細な人)専門カウンセラーが今伝えたい、あ...
それでも、幸せになれる
それでも、幸せになれる 「価値大転換時代」の乗りこえ方
新型コロナウイルスにより、人々や社会の価値観は大転換する。 ...

書籍詳細

じいじの森
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

じいじの森

中島宏枝・文 長野美穂・画 柳生博 原案
  • 定価=本体1500+税
  • サイズ A4判 上製 40ページ
  • ISBN 9784860293949
内容紹介

柳生博さんの実体験を元に、書き起こされた絵本である。柳生家では男の子は9歳になったら旅に出る。それが柳生家の不文律。この本のけいたくんも9歳になって、八ヶ岳のじいじの家まで独り旅することに......。深い森を行くと天狗さんが現われる。果たしてけいたくんは、無事、じいじの家までたどりつけるのか? 智恵と勇気で困難を切り抜けていく...男の子の成長物語。


八ヶ岳倶楽部公式HP http://www.yatsugatake-club.com/

 

コメント

頼れる人が周りにいなければ、身にふりかかる出来事に自力で対処するしかない。サバイバル本能が生じるのである。だまし絵に迷路、あみだくじと課題をクリアして、けいたくんは無事じいじの家までたどり着けるのか。



柳生博.jpg