未来をつくる君たちへ - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

書籍詳細

未来をつくる君たちへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

未来をつくる君たちへ

地球時代 をどう生きるか
  • 定価=本体1700+税
  • サイズ 四六判 並製 232頁
  • ISBN 978-4-86029-361-1
内容紹介

現代は危機と混迷の時代、100年に一度の危機とも言われている。新自由主義と市場原理主義の失敗、オバマ政権の誕生、イスラム諸国の民主化運動......。この激動する時代に、私たちはどう生きるべきか、が問われている。私たちの暮らす社会はどのように歩んできて、どこへ向かおうとしているのか。歴史的、世界的視座から「地域」「日本」そして「世界=地球」をとらえ、?地球時代?という視座から、混迷の時代をどう突き抜けていくかのヒントを提示している。

目次

1章 いま、ここに生きる

2章 地球時代を生きる

3章 地域の時代を生きる

4章 平和の文化に生きる

5章 世界の子どもとともに生きる

終章 いまこそ、危機を好機に

あとがき

コメント

地球時代の今を、そして100年に一度と言われる危機の時代を、私自身、過去と向き合い、未来を模索しながら、地域、日本、アジア、世界を串刺しに理解しようと試みました。暴力や戦争ではなく、安心と平和の文化の中で、互いに尊敬しあい、心豊かな生活を確かなものにするために不可欠なものとして、平和や人権、環境や共生、新しい連帯の思想や価値を据え、未来世代の子どもたちとともに生きようとすることが、地球時代を切り拓くことになると考えました。(「あとがき」より)

堀尾&加登屋.jpg