お礼まいり - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

書籍詳細

お礼まいり
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

お礼まいり

  • 定価=本体1800+税
  • サイズ 四六判 上製 288頁
  • ISBN 9789-4-86029-331-4
内容紹介

何者をも恐れない舌鋒鋭いコラムの名手として名を馳せる一方、稀代の名文家として、読む者を魅了する著者。本書は、天寿を全うした人への畏敬の念、あたたかな交流のあった人への想い、また無念の死を遂げた人や家族の代弁者として、生と死の深淵を見つめた珠玉の随筆集。
三島由紀夫から教えられた冷たいスープの味、しばしば飲食をともにしあたたかな交流のあった山本夏彦や久世光彦との別れ、人生のアテスタントである妻の死など、喪失感を抱えながら死ぬまで生きることの意味を問う。著者自身も昨年、悪性リンパ種を克服。死の淵から生還、復活第1作「御礼参り」など、最新作も収録。