聖杯の血統 - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

書籍詳細

聖杯の血統
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

聖杯の血統

イエスの隠された系譜
  • 定価=本体2800+税
  • サイズ 四六判 並製 520頁
  • ISBN 978-4-86029-327-7
内容紹介

スチュワート王家当主・オルバニー公マイケル殿下はこの本に序文を寄せ、系譜研究分野における偉大な功績であると称えた。救世主の血脈をめぐるこの驚異の物語は、過去二〇〇〇年に及ぶ最も多彩かつ最も神聖な歴史領域を網羅するものだ。隠された王室の古文書を閲覧する許可を得たガードナーが、いま、西洋における秘められたキリストの血脈を確かな証拠とともに明かし、聖杯探究の新たな発見を語る。アーサー王物語の冒険譚と共に、本書『聖杯の血統』は、史上最大の陰謀を暴く決定的な力を放つ。カトリック教会がみずからの目的に沿って根絶しようとしたイエス・キリストの結婚から現代のイギリス王朝に至る王家血脈の歴史を、12頁にわたる血統図として所収しており、必見に値する。

目次

第一章血 統の源 第十二章 宗教と聖杯の血筋 第二十章 騎士道時代 第二十三章 信教の自由 〈付録〉血統図

コメント

「非常に挑発的な内容とはいえ、本書はフィクションではなく、著者の長年にわたる地道な研究の産物である。いかに敬虔なクリスチャンであっても、その信仰の起源に当てられた光には、魅了されてやまないはずだ」デイリーメール紙書評より