龍となれ雲自ずと来る - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

書籍詳細

龍となれ雲自ずと来る
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

龍となれ雲自ずと来る

武者小路実篤の画賛に学ぶ
  • 定価=本体2200+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-309-3
内容紹介

実篤ファンは脳科学者・茂木健一郎、ミージシャン・財津和夫、作家・原田宗典など結構多い。監修者・小池邦夫も高校以来、50年以上になる熱い実篤ファンである。近年、実篤の書画が各地で見つかっている。今回、そんな未公開作品を中心に実篤の画賛を中心に編んでみた。実篤の書画で有名なのが、野菜や果物のため、素人画家と思っている方も多い。実は、実篤は画家としても一流で岸田劉生、梅原龍三郎、中川一政などがこぞって認めていた。ゴッホやムンクを見出し、日本に紹介したのも実篤。類稀なる審美眼の持主でもあったのだ。