岸見一郎 - 著者情報
おすすめ
痛みもコリも首次第
痛みもコリも首次第
人気で予約殺到、連日大盛況の東京都青梅市のオフィス・シマザキ...
笑顔と思いやりで幸せになる
笑顔と思いやりで幸せになる
「和やかな笑顔」と「思いやりのある言葉づかい」で人と接するこ...

著者詳細

きしみいちろう

岸見一郎

1956年、京都府生まれ。哲学者。日本アドラー心理学会認定カウンセラー。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学(西洋哲学史専攻)。専門はギリシア哲学、アドラー心理学。主な著書に『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』(以上、古賀史健氏と共著、ダイヤモンド社)、『老いる勇気』(PHP研究所)、『プラトン ソクラテスの弁明』(KADOKAWA)、『幸福の哲学』(講談社)、『よく生きるために働くということ』(KKベストセラーズ)など多数。

この著者の書籍のご紹介