小熊秀雄 - 著者情報
おすすめ
背骨から自律神経を整える
背骨から自律神経を整える ねじるだけで体と心が変わっていく!
背骨はほぼ自律神経!? 自律神経を守り、密接な関係にある背骨...
ラッキーになれる習慣
ラッキーになれる習慣 僕がいつも”ツイてる”理由
本書を読めば、いつしかラッキー体質に!ラッキー体質になれば、...
くよくよマネジメント
くよくよマネジメント
「おそらくは、この文を読んでくださっている方...

著者詳細

おぐま ひでお

小熊秀雄

1901(明治34)年、北海道小樽市生まれ。幼少時に稚内、樺太へと移住。養鶏場番人、炭焼手伝い、鰊漁場労働、職工、伐木人夫、呉服店員などさまざまな職業につく。やがて文才を認められ、1922(大正11)年に旭川新聞社の社会部記者となる。以後文芸欄を担当し、詩、童話、前衛的な美術作品などを発表する。1935(昭和10)年に『小熊秀雄詩集』、長篇叙事詩集『飛ぶ橇』を出版、言論弾圧のきびしいなかで、精力的に作品を発表するも、生活は困窮した。洋画家の寺田政明との交友を通じ、油彩やデッサンを描き、美術批評の分野にも進出。1940(昭和15)年、軍国主義が進行し、急速に発表紙誌を失いつつあるなか、貧困のうち肺結核のために三十九歳で死去

この著者の書籍のご紹介

 
小熊秀雄童話集
小熊秀雄童話集
小熊秀雄 著