菊池寛 - 著者情報
おすすめ
背骨から自律神経を整える
背骨から自律神経を整える ねじるだけで体と心が変わっていく!
背骨はほぼ自律神経!? 自律神経を守り、密接な関係にある背骨...
ラッキーになれる習慣
ラッキーになれる習慣 僕がいつも”ツイてる”理由
本書を読めば、いつしかラッキー体質に!ラッキー体質になれば、...
くよくよマネジメント
くよくよマネジメント
「おそらくは、この文を読んでくださっている方...

著者詳細

きくち・かん

菊池寛

作家

1888(明治21)年?1948 (昭和23)年。香川県の生まれ。1916年、京都大学文学部英文科卒業。在学中に芥川龍之介、久米正雄らを中心とした第3次・第4次「新思潮」に参加、戯曲「屋上の狂人」「父帰る」などを発表した。18年から翌年にかけ発表した「忠直卿行状記」「恩讐の彼方に」が評判となり、文壇での地位を確立。その後、「真珠夫人」「受難華」などの成功により通俗小説の分野で新生面をひらいた。23年、雑誌『文藝春秋』を創刊。26年、日本文芸家協会の前身、文芸家協会を設立。35年に芥川賞・直木賞を、39年には、菊池寛賞を創設するなど"文壇の大御所"として精力的に活動、<文学の社会化>に大きく貢献した。

この著者の書籍のご紹介