「ひとのあかし」が吉永小百合さんに朗読されました。 - 新着情報
おすすめ
THE45
THE45 西城秀樹デビュー45周年フォトエッセイ
デビュー45周年!   現在もライブを中心に旺盛な...
「行動できない」自分からの脱出法! 
「行動できない」自分からの脱出法!  あなたを縛る「暗示」にサヨナラ
「この本では、行動できない心の仕組みを一緒に...
レトルトの女王のアイデアレシピ ラクラクごはん
レトルトの女王のアイデアレシピ ラクラクごはん
調味料として使う「パスタソース」「焼肉のたれ」「鍋つゆ」。加...

新着詳細

 
2012.05.22
「ひとのあかし」が吉永小百合さんに朗読されました。
   

その後も続々、『ひとのあかし』が紹介されています。


『日本経済新聞〈夕刊〉』5月19日、若松丈太郎さんのロングインタビュー「福島
の詩人として――人の気持ちに入りたい」

『日々の新聞』4月15日、写真家・齊藤さだむ氏のインタビューと『ひとのあかし』
の紹介

「吉永小百合 原爆詩朗読会」4月13日、於・福島市公会堂。吉永小百合さんによ
る「ひとのあかし」朗読

『つくばスタイル』第14号(4月10日発行)、写真家・齊藤さだむ氏のインタビ
ューと『ひとのあかし』の紹介

『詩人会議』5月号、「詩集評――鬼の私はとほうに暮れる」書き手=上手宰

『図書新聞』4月7日、「断腸の思いで綴られた警世の書――原発に対する危惧を抱
き続ける憂国の詩人が世界に向けて発信する被災地の実態」書き手=志村有弘

『日矢』4月号、「新刊紹介」書き手=新堀邦司

『週間金曜日』3月30日号、「脱・混迷ニッポン――福島が背負った不条理を言葉
で『形』にする日々」。若松丈太郎さんのインタビューと『ひとのあかし』の紹介

『日本経済新聞』3月25日、書評

『週間金曜日』3月23日号、書評

『新現代詩』第15号(3月1日発行)、「詩集紹介」書き手=中川敏

 

ひとのあかし.jpg