英国式5つのティータイムの愉しみ方 - 書籍情報
おすすめ
運命とうまく付き合うレッスン
運命とうまく付き合うレッスン
「運命の法則」にふわっと身をまかせれば、幸せがやってくる! ...
30代からの食べて美肌になるダイエット
30代からの食べて美肌になるダイエット
20代、30代、40代でやせる人続出! ノーファンデーション...
心が晴れる知恵
心が晴れる知恵 下町和尚が教える、気持ちの切りかえ方
私たちは、日々、不安や心配事、イライラや怒りなど、 不快な感...

書籍詳細

英国式5つのティータイムの愉しみ方
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。
ようこそ、アフタヌーンティーへ

英国式5つのティータイムの愉しみ方

  • 定価=本体1600+税
  • サイズ A5判並製
  • ISBN 9784860294809
内容紹介

イギリスの暮らしは、紅茶の香りで目覚める朝から、

1日を終えて眠りにつくまで、生活の中にティータイムが刻みこまれています。

一杯の紅茶は、心豊かに暮らすための大切なエッセンス。

予約の取れない人気サロン主宰。

ゲストとして愉しみたいかたへ、マダムとしておもてなしをしたいかたへ。

マダム理子が紅茶のすべてを伝授


目次

Prologue

英国流ティータイム 5つの時間割

Chapter 1 紅茶の香りで1日のスタート〈モーニングティー〉
英国の朝のはじまり アーリーモーニングティー
アーリーモーニングティーを愉しむアイテム「ベッドトレイ」
世界でいちばん贅沢な朝食
正統派イングリッシュブレックファーストとは
【 Recipe 】英国式朝食
英国の味&英国らしいテーブルアイテム
4つのブレックファーストと紅茶
女王陛下のマーマレード
朝食のテーブルコーディネート&マナー
【 Let’s Lesson 】知っておきたい朝食のテーブルセッティングとマナー
イギリスらしいプレイスマット
普段着のティータイム
ティーバッグの美味しいいれかた
【 Column 】普段着の紅茶を探しにスーパーマーケット巡り

Chapter 2 英国流リフレッシュタイム〈イレブンジズ〉
ハウスキーピングの合間にちょっとブレイク、イレブンジズ
イギリス人が大好きなビスケットたち
【 Recipe 】ウェルッシュケーキ
東洋への憧れからはじまったイギリスの紅茶文化
イレブンジズにおすすめ「 ティーフォーワン 」と「スナックセット」
【 Let’s Lesson 】ティータイムを彩るときめきのアイテム
【 Column 】ふたりきりの秘密のお茶会「テテ・ア・テテ」
イギリス紅茶旅〈?〉ストーク・オン・トレント

Chapter 3 ようこそ! 午後のティータイムへ〈アフタヌーンティー〉
貴婦人の空腹からはじまったアフタヌーンティー
ミドルクラスに広がったライフスタイル発表会
ヴィクトリアンスタイルのアフタヌーンティー
【 Let’s Lesson 】アフタヌーンティーパーティを開いてみませんか?
アフタヌーンティーおもてなしのヒント
【 Let’s Lesson 】茶葉のセレクト
ティーテイスティングに挑戦
英国流美味しい紅茶のいれかた
味覚のおもてなしティーフーズメニュー構成
【 Column 】3段スタンドと2段スタンドについて
【 Recipe 】ティーサンドイッチ
【 Recipe 】バターミルクスコーン
【 Recipe 】バノフィーパイ
【 Column 】セレブレーションのティータイム/小さなレディのためのお茶会
【 Let’s Lesson 】知っておきたいエレガントなマナー

イギリス紅茶旅〈?〉 ハドンホール

Chapter 4 テーブルを囲む幸せな時間〈ハイティー〉
アフタヌーンティーとハイティーの違いは? 96
ハイティーのテーブルセッティング術
プディングいろいろ
【 Recipe 】サマープディング
誰でも笑顔になれるクリームティーの時間
クリームティー対決 デヴォンvsコーンウォール
スコーンを2倍美味しく食べる方法
スコーンにナイフを入れてはいけない理由
【 Recipe 】自家製 クロテッドクリーム
【 Let’s Lesson 】テーブルを彩るカトラリー
ティータイムの可憐な脇役 レースとリネン
【 Column 】ティータイムを華やかに彩るアイテム
私のイギリス紅茶旅〈?〉 オープンエアミュージアム

Chapter 5 一日の終わりに穏やかな夜の一杯を〈アフターディナーティー〉
ディナーのあとのくつろぎお茶時間
アフターディナーティーの名脇役「アフターエイト」
【 Recipe 】メルティングチョコレートプディング
銀のスプーンをくわえて生まれる
アンティークシルバーの魅力
一日の終わりにナイトティー

Epilogue