ニューヨークの魔法のはなし - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

書籍詳細

ニューヨークの魔法のはなし
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。
泣きたくなるほど愛おしい

ニューヨークの魔法のはなし

  • 定価=本体1400+税
  • サイズ 46判並製 224頁
  • ISBN 978-4-86029-425-0
内容紹介

"ニューヨークの魔法"――。孤独で寂しいはずの大都会で、人と人が出会い、心が触れ合う。それが忘れられない思い出になる。なぜ、心に残る出会いが生まれるのか。どうやって人に話しかけ、話しかけられるのか。相手が心を開くのか。私はよく、そう聞かれます。この本の最後で、「魔法にかかる方法」をあなたにそっと伝えます。(「できたての友だち」より)

目次

CHAPTER1 魔法からの贈りもの
郵便局のサンタクロース/クリスマスにセントラルパークの回転木馬に乗る/そうか、きみは日本人なのか/など

CHAPTER2 幸せを招く魔法のことば
最悪なダンスのお相手/神聖なパンツよ、永遠なれ/子どものリュックを背負った男/テロリストにあげたいもの/など

CHAPTER3 魔法は、一瞬で心を触れ合わせる
地下鉄のスパイダーマン、NYを魅了する/東京コレクション/俺じゃないよ、あんただよ/家族の肖像/など

CHAPTER4 孤独なニューヨーカーは、魔法じょうず
ふうせん男に集まる人たち/虹を抱えてマンハッタンを歩く/みじめな野良犬のような私/など

CHAPTER5 魔法は教えてくれた。「それでも、人生はいい」と
アメリカの高校の仲間たち/敵国、日本を訪ねて/ビルからもらった指輪のあと/ミラノ、そして東京の、とけない魔法/など

魔法にかかる方法 ―― 一瞬が永遠に変わる
☆笑顔は、人の心を開く
☆あなた自身の英語で、思いを伝える
☆必要なのは、ほんの少しの勇気
☆ちょっとしたひと言で、相手とつながれる
☆分かち合える話題は、どこにでも
☆昔からの知り合いのように
☆会話を続けるコツは…
☆遊び心を持って
☆気持ちのいいお節介

コメント

≪NY在住の著者が街で"楽しい魔法の瞬間"を撮影した写真も満載。簡単なのに心に響く英語のことばを、どの話にも収録≫

 

大人気シリーズ「ニューヨークのとけない魔法」(文春文庫)の著者、待望の最新エッセイ集!

 

孤独な大都会ニューヨークでは、何気ない日常のなかで、他人同士がごく自然に心を通わせ、心の触れ合う瞬間に満ちています。自分の気持ちに素直で、気張らない。この本を読むと、「自分もこんなふうに生きてみたい」と思わずにはいられません。人見知りで、話すのが苦手と思っている人も、きっと偶然、隣り合わせた人に話しかけてみたくなる、そんな気持ちになれる本。

 

"ニューヨークの魔法"は、"物干し竿の下でそっと光る雨のしずく"――。あなたがどこにいても、そんなささやかな一瞬に気づく心のゆとりと、ほんの少しの勇気さえあれば。

――あなたの周りで、かくれた魔法はうごきだす――。