黄龍士 - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

書籍詳細

黄龍士
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

黄龍士

中国古碁・最強棋士対局集
  • 定価=本体3800+税
  • サイズ A5判 上製 328ページ
  • ISBN 9784860293772
内容紹介

中国囲碁の最盛期といわれた清代、精彩を放った棋士がいた。それが黄龍士である。少年時代から極めて聡明。囲碁を覚えて数年たった頃には、故郷で敵なしの強さ。18歳のとき、当時のトップ棋士、盛大有との七番勝負で連勝した。その後も強豪が挑むも、ことごとく退けた。当時、互角に渡り合えたのは周東候と徐星友だけという。中国の「十四聖人」に、棋士として一人選ばれている。そのことからも特別な存在であったと知れる。本書はその黄龍士の対局集。

コメント

古代中国の棋士の持つ戦闘力、計算の深さは、現代の棋士でも超え難い力がある。中国から来て、かつて日本のトップ棋士として活躍した呉清源は、古代中国の碁を研究してその精髄を学んだ。強さの秘訣はそこにあった。古代中国碁のように、好戦的な棋風で知られる韓国の棋士は、精密なヨミと鋭い踏み込みを武器に、「闘いの碁」で、世界を征した。私たちはもう一度、古代中国の「闘いの碁」を研究し直す必要がある。            マイケル・レドモンド