石川伸一 - 著者情報
おすすめ
四万十の流れのように生きて死ぬ
四万十の流れのように生きて死ぬ いのちの終わりを自然に受け入れるためのヒント
がん、認知症、介護、在宅医療、看取り...... 病を包み込...
繊細さんが「自分のまま」で生きる本
繊細さんが「自分のまま」で生きる本 繊細さは幸せへのコンパス
予約殺到のHSP(繊細な人)専門カウンセラーが今伝えたい、あ...

著者詳細

いしかわしんいち

石川伸一

1973年、福島県生まれ。宮城大学食産業学部准教授。専門は分子レベルの食品学・栄養学。主な研究テーマは、鶏卵の栄養性、機能性に関する研究。著書は『必ず来る!大震災を生き抜くための食事学ほんとうに食べたかったもの』(主婦の友社)、『料理と科学のおいしい出会い:分子調理が食の常識を変える』(DOJIN選書)など。

この著者の書籍のご紹介

 
「もしも」に備える食
「もしも」に備える食
石川伸一 著