ひとのあかし What Makes Us - 書籍情報
おすすめ
繊細さんが「自分のまま」で生きる本
繊細さんが「自分のまま」で生きる本 繊細さは幸せへのコンパス
予約殺到のHSP(繊細な人)専門カウンセラーが今伝えたい、あ...
それでも、幸せになれる
それでも、幸せになれる 「価値大転換時代」の乗りこえ方
新型コロナウイルスにより、人々や社会の価値観は大転換する。 ...

書籍詳細

ひとのあかし What Makes Us
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

ひとのあかし What Makes Us

  • 定価=本体1700+税
  • サイズ 四六判 上製 144ページ
  • ISBN 978-4-86029-372-7
内容紹介

フクシマで起きていることをすべて18年も前に見通して歌った詩人が、ここにいる。2011年3月11日以降にこの詩と出会う読者はみんな驚嘆して、鳥肌が立ち、読み返して再び驚き、「予言だ」とささやく。

ぼくは100回以上読んで、それでも鳥肌が立ち、若松さんの見事な構成と描写に、なんとか英語でも近づこうと翻訳に励んだ。そしてやはり「予言だ」と繰り返し言った。(アーサー・ビナード)

 

フクシマの写真を、気鋭の写真家・齊藤さだむが活写! 原発が人間にもたらしたもの、心優しい人びとの多く住む福島に与えた傷痕の大きさ、現実を、詩と写真で訴える。

 

コメント

本書に収録された「神隠しされた街」「みなみ風吹く日」が、AERA、東京新聞、文化放送などで紹介されて話題に!

今回のフクシマ原発事故に意味があるとするなら、それはわたしたちが変わってゆくためのまたとない機会を得たことです。4つの大きなプレートがぶつかりあっている日本列島に原発はふさわしくない発電方法であることが、今回の事故によってあらためて実証されました。                      (若松丈太郎「あとがき」より)

 

ひとの3.jpg

ひとの2.jpg

ひとの1.jpg

写真/齋藤さだむ