楽園の歳月 - 書籍情報
おすすめ
繊細さんが「自分のまま」で生きる本
繊細さんが「自分のまま」で生きる本 繊細さは幸せへのコンパス
予約殺到のHSP(繊細な人)専門カウンセラーが今伝えたい、あ...
それでも、幸せになれる
それでも、幸せになれる 「価値大転換時代」の乗りこえ方
新型コロナウイルスにより、人々や社会の価値観は大転換する。 ...

書籍詳細

楽園の歳月
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

楽園の歳月

――― 宮迫千鶴遺稿集 ―――
  • 定価=本体2800+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-281-2
内容紹介

昨年、悪性リンパ腫で逝った著者の遺稿集。著者は、父君の死に臨んだとき、手術、放射線、抗癌剤の攻撃的治療だけに終始したことに悔恨の情をもったという。そして自らの悪性リンパ腫である。行き着いた先が、死と死後の世界を見据えた医療への興味だった。生命にとって「死は折り返し点に近い」という帯津良一医師の理論に共鳴したのだ。真摯に死と向き合い、今を精一杯生きた著者の生きざまが清々しい。挿入された画もカラフルで明るい。今この瞬間を生きる悦びが弾んでいる。