書籍情報: 検索結果
おすすめ
消えた歌の風景 PART1
消えた歌の風景 PART1 懐かしい21の童謡・唱歌
脚本家・内館牧子がつづる、童謡・唱歌の情景、忘れたくない日本の心。 「朧月夜」「仰げば尊し」「われは海の子」「虫のこえ」「冬景色」など 21の歌から見えてくる、日本人の生き方、懐かしい景色。...
消えた歌の風景 PART2
消えた歌の風景 PART2 忘れたくない21の童謡・唱歌
歌は、多くのことを私たちに教えてくれる。   脚本家・内館牧子がつづる、 懐かしい歌に 思いをこめたエッセイ。   「どこかで春が」 「宵待草」 「里の秋」 「ふじの山」......。   歌い継いでいきたい 四季折々の古きよき歌。    ...
繊細さんが「自分のまま」で生きる本
繊細さんが「自分のまま」で生きる本 繊細さは幸せへのコンパス
予約殺到のHSP(繊細な人)専門カウンセラーが今伝えたい、あなたの心がラクになる生き方。今つらくても、大丈夫。めいっぱいの幸せが待っています。  本音と感性を育てて、繊細さんが「自分のまま」で元気に、のびのびと生きるための本!...

「未来をつくる君たちへ」と一致するもの

未来をつくる君たちへ

未来をつくる君たちへ

地球時代 をどう生きるか
堀尾輝久  著
  • 定価=本体1700+税
  • サイズ 四六判 並製 232頁
  • ISBN 978-4-86029-361-1

現代は危機と混迷の時代、100年に一度の危機とも言われている。新自由主義と市場原理主義の失敗、オバマ政権の誕生、イスラム諸国の民主化運動......。この激動する時代に、私たちはどう生きるべきか、が問われている。私たちの暮らす社会はどのように歩んできて、どこへ向かおうとしているのか。歴史的、世界的視座から「地域」「日本」そして「世界=地球」をとらえ、?地球時代?という視座から、混迷の時代をどう突き抜けていくかのヒントを提示している。

1