書籍情報: 検索結果
おすすめ
消えた歌の風景 PART1
消えた歌の風景 PART1 懐かしい21の童謡・唱歌
脚本家・内館牧子がつづる、童謡・唱歌の情景、忘れたくない日本の心。 「朧月夜」「仰げば尊し」「われは海の子」「虫のこえ」「冬景色」など 21の歌から見えてくる、日本人の生き方、懐かしい景色。...
繊細さんが「自分のまま」で生きる本
繊細さんが「自分のまま」で生きる本 繊細さは幸せへのコンパス
予約殺到のHSP(繊細な人)専門カウンセラーが今伝えたい、あなたの心がラクになる生き方。今つらくても、大丈夫。めいっぱいの幸せが待っています。  本音と感性を育てて、繊細さんが「自分のまま」で元気に、のびのびと生きるための本!...
山口はるののかんたん!おいしい! 美的創作「豆腐」レシピ
山口はるののかんたん!おいしい! 美的創作「豆腐」レシピ
優れた栄養価と、いつでも手に入りやすく、なおかつおいしくて食べやすいことが豆腐の魅力。日本の伝統食をおいしく、おしゃれに。体にやさしい豆腐料理を紹介。絹ごし豆腐、木綿豆腐、温やっこ、豆腐クリームを使って、見た目も美しく、毎日、豆腐を食べても飽きないレシピを満載しています。...

「お礼まいり」と一致するもの

お礼まいり
徳岡孝夫  著
  • 定価=本体1800+税
  • サイズ 四六判 上製 288頁
  • ISBN 9789-4-86029-331-4

何者をも恐れない舌鋒鋭いコラムの名手として名を馳せる一方、稀代の名文家として、読む者を魅了する著者。本書は、天寿を全うした人への畏敬の念、あたたかな交流のあった人への想い、また無念の死を遂げた人や家族の代弁者として、生と死の深淵を見つめた珠玉の随筆集。
三島由紀夫から教えられた冷たいスープの味、しばしば飲食をともにしあたたかな交流のあった山本夏彦や久世光彦との別れ、人生のアテスタントである妻の死など、喪失感を抱えながら死ぬまで生きることの意味を問う。著者自身も昨年、悪性リンパ種を克服。死の淵から生還、復活第1作「御礼参り」など、最新作も収録。

1