月刊清流
おすすめ
コンシェルジュの仕事道
コンシェルジュの仕事道
どんな時も前に進み、日々成長する。 「プロ意...
背骨から自律神経を整える
背骨から自律神経を整える ねじるだけで体と心が変わっていく!
背骨はほぼ自律神経!? 自律神経を守り、密接な関係にある背骨...
もしもごはん
もしもごはん
少し多めの食料備蓄で、「もしも」に備えましょう。「即」作れて...

主婦たちに贈るこころマガジン「月刊清流」最新号紹介.

2017年1月号No.273 2016/12発売
  • 月刊清流は書店ではお求めになれません
  • ご注文はこちら
  • Fujisanマガジンサービス
1冊700円(送料・税込)
バックナンバーはこちら
お問合わせ・ご注文平日 10:00-18:00
03-3288-5405

今月のきらめきびと

黒川伊保子さん
  黒川伊保子さん
   (脳科学者)
 人工知能の開発に携わり、長年男性脳と女性脳の違いについて研究を続けてきた黒川伊保子さん。その研究結果から繰り出される、男女の脳の違いによるおかしくも哀しいすれ違いを描いたエッセイが人気を集めています。
 年齢による脳の変化、そしてすてきな年齢の重ね方について、脳科学の観点からお話しいただきました。
法華津
   法華津 寛さん
   (馬術選手)
 法華津寛さんは現在75歳。馬術選手として1964年の東京オリンピックに出場。その後北京・ロンドンオリンピックにも出場し、史上最高齢の出場選手として話題になりました。
 2020年の東京オリンピック出場を目指す法華津さんに、生涯現役を貫く気概の原点と、馬術の魅力についてうかがいました。
「村上信夫のときめきトーク」ゲスト・山田香織さん
村上信夫のときめきトーク 
ゲスト:山田香織さん
 江戸時代に創業した盆栽園「清香園」の5代目を継いだ山田香織さん。男性が主体だった盆栽の世界で、女性ならではの感性を生かしてカジュアルな「彩花盆栽」を広めています。
 伝統を守りながら発展させていく難しさと楽しさについて、村上信夫さんと語り合います。

今月のおすすめ

檀 ふみさん

   <新連載>
  今日がいちばん!
   檀 ふみさん
 年齢を重ねるにつれて、ついついさみしい気持ちになってしまう......。 そんなときに大切にしたいのは、いつだって「今日が人生でいちばんよい日!」という自分へのエールです。
 そんな応援メッセージや大人ならではの人生の楽しみ方を、女優の檀ふみさんにつづっていただきます。
藤澤ノリマサさん

   <新連載>
  ビギナーのための
   クラシック入門
  藤澤ノリマサさん

 藤澤ノリマサさんはクラシックの名曲にオリジナルのメロディーと歌詞をつけた「ポップオペラ」を作り上げ、クラシックをより親しみやすい形にして発信しています。
「クラシックとポップスの架け橋になりたい」という藤澤さんに、クラシックがグッと身近に感じられるエピソードなどを紹介していただく連載がスタートします。

月刊「清流」

2017年1月号No.273 2016/12発売

【第1特集】  人生を成熟させる 年の重ね方

 私たちは老いを「何かを失うこと」ととらえてしまいがちではないでしょうか。 しかし、年齢を重ねることは人生を成熟させていくプロセスともいえます。
 老いをよりよく生きるための心構えや、いきいきと豊かに年を重ねるための生き方・暮らし方について考えてみたいと思います。


▼死をイメージすることで
 老いの成熟が訪れる 
 山折哲雄


▼小さな扉を開いたら
 次々と新たな世界が広がった
 市毛良枝


▼あらゆる経験が自信になり
 人間を強くする
 東海林のり子


▼人はいくつになっても"進化"する
 野村克也


▼60代で実感した学ぶことの喜び
 田村せい子


▼喪失を嘆くのではなく、
 獲得を楽しむ生き方を
 渋谷昌三


 

山折哲雄さん

 市毛良枝さん


第1特集ここまで

●<新連載>にっぽんの島――津々浦々「神島(三重県)」 加藤庸二

●<新連載>日々是「肯」日「年の始まりに思う」 
 夏井いつき

●<新連載>絵双六に魅せられて「買ひ物双六」 
 吉田 修

●<新連載>季節を感じる小さな暮らし「睦月」
 沖 幸子

こころのヒント

◆思い込みをしていませんか? 安芸倫雄

【第2特集】 心を照らす冬の灯り

 クリスマスが近づくと、町のあちこちに明るくイルミネーションが輝き出します。 煌めく光の色と同様に、飾り付けた人々の思いもさまざま。
 寒さに負けずに、冬の夜に出かけてみてはいかがでしょうか。

枡野俊明/佐野昭男
  
第2特集ここまで

● きらめきびと 黒川伊保子/法華津 寛

●村上信夫のときめきトーク ゲスト:山田香織

●自分らしく生きるためのがんとの向き合い方  高野利実

●切り絵の技と色が織り成す造形美を追求して
 濱 直史

●新聞記事から見える"こんなこと"

エッセイ&読み物

心をかるく
鈴木皓詞

<新連載>命を育む いのちを見つめる 
「違いを受け入れられる社会を目指して」
三浦瑠麗

<新連載>なんでもない毎日を、特別に生きる!
「無常を生きる」
鎌田 實

<新連載>今日がいちばん!「今日がいちばん若い」
檀 ふみ

輝く女性の「老い」の生かし方
「幸福な人生の指針は『和顔愛語』です」
坂東眞理子

<新連載>「江戸暮らし」をひも解く
「男女ともに変化する江戸人」
菊地ひと美

自然におまかせのリズム「心は広々と自然と一致して」 
小池龍之介

<新連載>伝えていきたい「和」のこと
「松とともに迎える新しい年」
木村 孝

<新連載>エレガントな脳科学
「本当の人生は、56歳から始まる」
黒川伊保子

看護の味わい 人生の味わい「やせ我慢も大事」
宮子あずさ

よく生きるココロエ
「人の課題に土足で踏み込まない」
岸見一郎

企画連載

<新連載>書簡の風景 「九条武子」
<新連載>人生は80歳からがおもしろい!
「人は長生きするほど『幸せ感』が高まる」  広瀬信義
<新連載>今日から始める認知症予防
「筋力トレーニング(前編)」  本山輝幸
おしゃれ生活の知恵「造花を使った花のある暮らし」
市川吉恵
私のお国じまん「三重県」 加藤紀子
伝統芸能と融合する日本のマジック 「手妻」藤山大樹
<新連載>落語「おもしろ人間学」「初天神」柳家花緑
<新連載>ビギナーのためのクラシック入門
「『ポップオペラ』ってなあに?」 藤澤ノリマサ
著者に聞く 『おじいちゃんのノート』 中村輝雄

読書なび

こころの広場

マガジン内容ここまで