2017年7月号No.279 2017/6発売 - 月刊清流
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
自分に「いいね!」ができるようになる本
自分に「いいね!」ができるようになる本
認知行動療法を基本にした、心が楽になるレッス...
ひとりぼっちの辞典
ひとりぼっちの辞典
「ひとりぼっち」をテーマとした辞書形式のエッセイ。 「集団」...

主婦たちに贈るこころマガジン「月刊清流」最新号紹介

2017年7月号No.279 2017/6発売
  • 月刊清流は書店ではお求めになれません
  • ご注文はこちら
  • Fujisanマガジンサービス
1冊700円(送料・税込)
バックナンバーはこちら
お問合わせ・ご注文平日 10:00-18:00
03-3288-5405

クローズアップ!

ケロポンズ
 ©カエルちゃんオフィス
   ケロポンズ
(親子ミュージックユニット)
 カラフルな衣装で「ケロポンズ」がステージに登場すると、子どもたちは大喜び。愉快な手遊びや体操が続き、代表曲「エビカニクス」が流れると、親もいっしょにノリノリの笑顔で踊り出し......。
 増田裕子さん(ケロ)と平田明子さん(ポン)のお2人に、「ケロポンズ」結成秘話と、大人も子どもも楽しめるステージを目指す心意気をうかがいました。
岩下尚史さん"
  岩下尚史さん
   (作家)
 花柳界に題材を得た『芸者論』で和辻哲郎賞を受賞した作家・岩下尚史さん。少年の頃から芝居や踊りが好きで、成人してからは新橋演舞場に勤務して、芸者衆の磨き抜かれた芸に直に接してきたと語ります。
 伝統文化を守ることの意味、そしてこれからの社会を生きる上で「自らの寄って立つところ」を見極める大切さを伝えていただきました。
「村上信夫のときめきトーク」ゲスト・高田 明さん
村上信夫のときめきトーク 
ゲスト:村山由佳さん
 直木賞作家の村山由佳さんには、純愛小説を書く「白ムラヤマ」と、どろどろした人間の内面を描く「黒ムラヤマ」の二面があるともいわれています。
 幼い頃から母との関係に葛藤してきた「黒ムラヤマ」の心情に共感し、元NHKアナウンサー・村上信夫さんも自らの「黒ムラカミ」をカミングアウト!
 亡くなられた村山さんのお父さまを偲びながら、お互いの親への思いを語り合いました。

今月のおすすめ

藤巻あつこさん

  飽くなき探求心の
  『梅干し名人』
  藤巻あつこさん
  (料理研究家)
 梅が熟する季節になると「今年はどんな出来かしら、と心が騒ぐ」と語るのは、「梅干し名人」の藤巻あつこさん。「いかにおいしい梅干しを漬けるか」を追求して70年以上、その情熱は衰えることを知りません。
 年齢を感じさせない元気の秘訣は、やはり毎日食べる梅にあるようです。
来馬正行さん

 掃除に込められた禅の
 教えで心と体を整える
   来馬正行さん
   (観音院住職)

 「現代人は食べ過ぎ、ものの溜め過ぎでバランスを崩しています」と語るのは、東京・観音院住職の来馬正行さん。
 心身のバランスを取り戻すためには、普段からの掃除が有効なのだと語ります。
 掃除に込められた禅の教え、そして掃除をするときの心構えをうかがいました。

月刊「清流」

2017年7月号No.279 2017/6発売

【第1特集】
血管を若返らせる暮らし方

 日本人の死因として上位を占める心臓病や脳疾患。その多くは血管の老化が進んだ結果起こるといわれます。
 一方で血管には回復能力があり、生活習慣を変えることで若々しい血管を取り戻すことができます。
 血管を健やかに保つためにどのような生活を心がけたらよいのか、そのヒントを探ります。


▼「血管力」を高めて、
 いつまでも若々しく
 池谷敏郎


▼二つの病を得て痛感した
 健康のありがたさ
 麻木久仁子


▼健康な体で仕事をしたいから
 ただいま減量中
 松村邦洋


▼若々しい血管を保つための
 賢い食事法
 牧野直子


▼歯周病を治して
 動脈硬化を予防しよう
 倉治ななえ


▼無理のない生活改善で、
 血圧を上手に管理する
 高沢謙二

 


 

麻木久仁子さん

 松村邦洋さん


第1特集ここまで

●にっぽんの島――津々浦々「青ケ島(東京都)」
 加藤庸二

●日々是「肯」日「一マスの空白に込めた思い」 
 夏井いつき

●絵双六に魅せられて「山門豪傑雙録」 
 吉田 修

●季節を感じる小さな暮らし「文月」
 沖 幸子

こころのヒント

◆"これ"がなくてはダメですか? 安芸倫雄

【第2特集】 山に遊ぶ!

 「山登りは人生そのもの」といわれます。 一歩、また一歩と頂上を目指し、何度も挫けそうになるけれど、山頂に立ったときの感動が全てを忘れさせてくれる。
 そんな感動を追い求めてきた人たちの「山の愛し方」をご紹介します。

田部井政伸/みなみ らんぼう
            
第2特集ここまで

● クローズアップ! ケロポンズ/岩下尚史

●村上信夫のときめきトーク ゲスト:村山由佳

●自分の好きな「自然」に触れて心と体の病気を予防 
 宮崎良文

●掃除に込められた禅の教えで心と体を整える
 来馬正行

エッセイ&読み物

心をかるく
鈴木皓詞

命を育む いのちを見つめる
「山の家の庭で過ごす母子の時間」
三浦瑠麗

なんでもない毎日を、特別に生きる!
「空気に流されないで生きる」
鎌田 實

今日がいちばん!「普段が大事と思いたい」
檀 ふみ

輝く女性の「老い」の生かし方
「支え合い、助け合い社会を築く『受援力』と『求援力』」
坂東眞理子

「江戸暮らし」をひも解く 
「江戸の湯屋」
菊地ひと美

自然におまかせのリズム 
「人工物や自分の思考も、すべて『自然』」
小池龍之介

エレガントな脳科学 「愛の正体」
黒川伊保子

キレイの医学「気持ちよく眠り、きれいに元気に」
海原純子

よく生きるココロエ
「一人の人間として相手と向き合う」
岸見一郎

企画連載

<新シリーズ>詩歌の小径1「小諸なる古城のほとり」

書簡の風景7 「知里幸恵から金田一京助への手紙」

人生は80歳からがおもしろい!
「飽くなき探求心の『梅干し名人』」
藤巻あつこ

今日から始める認知症予防「心療回想法」
小林幹児

野菜をもっと食べてほしい1
「野菜を摂らないのは、もったいない!」
植木もも子

私のお国じまん「鹿児島県」
国生さゆり

鳥の巣が教えてくれる「生きること」の原点
鈴木まもる

日頃の所作から呼吸を整え、病気知らずの体に 
森田愛子

落語「おもしろ人間学」「藪入り」
柳家花緑

ビギナーのためのクラシック入門
「ベートーヴェンの『第九』を希望と元気を与える歌に」
藤澤ノリマサ

著者に聞く『わたしの心が晴れる』
鈴木秀子

読書なび

こころの広場

マガジン内容ここまで