2017年11月号No.283 2017/10/1発売 - 月刊清流
おすすめ
ハーバード&ソルボンヌ大学 Dr.根来の見えない病の治し方
ハーバード&ソルボンヌ大学 Dr.根来の見えない病の治し方
現代人が多く抱える心身の不調。 それは病気の少し前の状態。 ...
マインドフルネス子育て法
マインドフルネス子育て法
マインドフルネスを子育てに! 「いま、ここ」を受け入れ、 二...
「行動できない」自分からの脱出法! 
「行動できない」自分からの脱出法!  あなたを縛る「暗示」にサヨナラ
「この本では、行動できない心の仕組みを一緒に...

主婦たちに贈るこころマガジン「月刊清流」最新号紹介

2017年11月号No.283 2017/10/1発売
  • 月刊清流は書店ではお求めになれません
  • ご注文はこちら
  • Fujisanマガジンサービス
1冊700円(送料・税込)
バックナンバーはこちら
お問合わせ・ご注文平日 10:00-18:00
03-3288-5405

クローズアップ!

高木絢子
   高木絢子さん
  (バラ研究家)
 高木絢子さんはバラを育てて50年。80歳を超えた現在も自宅の庭で200株のバラを育て、バラに関する書籍や雑誌記事の執筆、カルチャースクールの講師などを務めています。
 バラとの出合いや、バラと向き合い続けた年月、そしてバラと暮らすことにより「喜びと感動に満ちた」日々についてうかがいました。
竹内洋岳さん"
   竹内洋岳さん
  (プロ登山家)
 世界最高峰のエベレストなど、8000メートル峰全14座を日本人で唯一完全登頂した竹内洋岳さん。
 8000メートルとは、国内線の飛行機が飛ぶ高さ。気温が低く酸素も薄い環境の中で生き延びるために、竹内さんは「想像力」が大切だと語ります。
 危険な登山に挑み続ける理由や、日本での生活について語っていただきました。
「村上信夫のときめきトーク」ゲスト・半崎美子さん
村上信夫のときめきトーク 
ゲスト:半崎美子さん
 「ショッピングモールの歌姫」と称される歌手の半崎美子さん。たくさんの人が普段利用する場所で自分の歌を聴いてもらい、そこで生まれる出会いが次の曲を作ることにつながっているそうです。
 NHK「みんなのうた」で放送された「お弁当ばこのうた」も多くの共感を呼びました。
 元NHKアナウンサー・村上信夫さんも、その声にほれ込んだ一人です。

今月のおすすめ

太田直子さん

映像を通して見つめる「学ぶことの意味」とは?
   太田直子さん
 (映像ディレクター)
 戦後の混乱期に義務教育を満足に受けられなかった人たちが、長い空白の時を経て通信制中学で学ぶ姿を追ったドキュメンタリー映画「まなぶ 通信制中学60年の空白を越えて」。
 撮影当時在籍していた生徒の平均年齢は73歳。何歳になっても学びを求める姿は、私たちに教育の大切さや学校のあり方を改めて問いかけます。
 監督であり撮影者を務めた太田直子さんに、作品に込めた思いをうかがいました。
田中 至さん 田中 等

言葉を知らない兄弟のちぎり絵に込めたふるさと愛
田中 至さん 田中 等さん

 長野県在住の画家・原田泰治さんが水彩画で描いた信州の農村風景を再現したちぎり絵が話題を集めています。
 制作したのは、田中至さんと田中等さん。耳が聞こえないという障がいをもつ、80代の兄弟です。
 先天的に聴覚がなく、読み書きができないお2人にとって、ちぎり絵は人とつながり合う「言葉」なのかも知れません。

月刊「清流」

2017年11月号No.283 2017/10/1発売

【第1特集】
"健脚生活"のすすめ

 老化は足腰から――。 足腰を鍛えれば、認知症や生活習慣病だけでなく、高血圧、がん、心臓病から身を守ることができるといいます。
 "正しい歩き方"と、最後まで自分の脚で歩くための"足腰の鍛え方"をお伝えします。


▼身をもって知った
「年相応の運動」の大切さ
 浜 美枝


▼「1日8000歩」と「ややハー
 ドな20分の運動」で健康に
 青柳幸利


▼1日1分の「四股踏み」で、
 いつまでも歩ける体づくりを
 木村匡宏


▼「楽をしない」癖をつけて
 "死ぬまで現役"を目指す
 前田美波里


▼「パワーウォーキング」で、
 人生もいきいき!
 古賀和仁

 


 

浜 美枝さん

 前田美波里さん


第1特集ここまで

●にっぽんの島――津々浦々「対馬島(長崎県)」
 加藤庸二

●日々是「肯」日
「熟年再婚夫婦の家系図」 
 夏井いつき

●絵双六に魅せられて「少年未来旅行双六」 
 吉田 修

●季節を感じる小さな暮らし「霜月」
 沖 幸子

こころのヒント

◆和食は好きですか? 安芸倫雄

【第2特集】 もっと知りたい 相撲のこと

 土俵の上の真っ向勝負!相撲は白か黒かにすべてをかける、男たちの世界。
 19年ぶりの日本出身横綱誕生に沸き、"スー女"(相撲好き女子)なる言葉が生まれるなど、相撲人気は高まる一方です。
 今回は、知っているようで知らない相撲の世界をご紹介します。

横野レイコ/土屋喜敬/上沢婦記子
            
第2特集ここまで

● クローズアップ! 高木絢子/竹内洋岳

●村上信夫のときめきトーク ゲスト:半崎美子

●映像を通して見つめる「学ぶことの意味」とは? 
 太田直子

●言葉を知らない兄弟のちぎり絵に込めたふるさと愛
 田中 至、田中 等

エッセイ&読み物

命を育む いのちを見つめる
「子供の日常生活に張りをもたらす『規律』」
三浦瑠麗

なんでもない毎日を、特別に生きる!
「あなたは、おもしろがって生きていますか?」
鎌田 實

今日がいちばん!「小さいけど大きなこと」
檀 ふみ

輝く女性の「老い」の生かし方
「夫亡きあと、夫の親兄弟とどう向き合いますか?」
坂東眞理子

「江戸暮らし」をひも解く 
「江戸娘の恋心」
菊地ひと美

自然におまかせのリズム 
「運命を静観すると、良きほうへ向かう」
小池龍之介

エレガントな脳科学 
「感情スイッチの切り方」
黒川伊保子

キレイの医学
「『時間』と『きれい』の関係」
海原純子

よく生きるココロエ
「他人がやりとげたことは自分にも必ずできる」
岸見一郎

企画連載

詩歌の小径5「ロオレライ―ハイネ」

書簡の風景11 「梶井基次郎から川端康成への手紙」

人生は80歳からがおもしろい!
「いまが、私の"本当の青春"です!」
田尻冨美子

今日から始める認知症予防「水分摂取」
竹内孝仁

おいしい、ヘルシー豆腐レシピ2
「大豆の風味としっかり食感が魅力の木綿豆腐」
山口はるの

おとなのための美文字レッスン
「『指のトレーニング』で、なめらかに
 書けるようになりましょう!」
青山浩之

切り紙でつづる ひだまり通信
「人生で初めての楽しい切り紙展」
井上由季子

私のお国じまん「福岡県」
IKKO

心のクセを直して元気で穏やかな毎日を
宮島賢也

落語「おもしろ人間学」「らくだ」
柳家花緑

ビギナーのためのクラシック入門
「新しい朝を迎えるように心機一転してリセット!」
藤澤ノリマサ

著者に聞く『あの人の宝物』
大平一枝

読書なび

こころの広場

マガジン内容ここまで