2017年10月号No.282 2017/9/1発売 - 月刊清流
おすすめ
こころが軽くなる マインドフルネスの本
こころが軽くなる マインドフルネスの本
話題のマインドフルネスが、優しくわかる本。 マインドフルネス...
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
ひとりぼっちの辞典
ひとりぼっちの辞典
「ひとりぼっち」をテーマとした辞書形式のエッセイ。 「集団」...

主婦たちに贈るこころマガジン「月刊清流」最新号紹介

2017年10月号No.282 2017/9/1発売
  • 月刊清流は書店ではお求めになれません
  • ご注文はこちら
  • Fujisanマガジンサービス
1冊700円(送料・税込)
バックナンバーはこちら
お問合わせ・ご注文平日 10:00-18:00
03-3288-5405

クローズアップ!

森 比左志
   森 比左志さん
  (児童文学作家)
 半世紀近く前にアメリカで出版されて以来、世界中の子どもたちを虜にしてきた絵本『はらぺこあおむし』。このお話を日本語に訳したのが、この夏100歳を迎えた森比左志さんです。
 小学校の教員を経て、児童文学作家へ。子どもたちと心をともにしてきた人生の中から、いくつもの想像力をかき立てる作品が生まれています。
山本陽子さん"
   山本陽子さん
(明星大学人文学部教授)
 「美術館にある作品を、1つだけ持ち帰っていいとしたら......。山本陽子さんはそんな常識にとらわれない発想で、美術の新たな楽しみ方を提案しています。
「有名な作品だとしても、無理に感動しようとしなくて良いのです」と語る山本さんに、肩の力を抜いた芸術鑑賞のヒントをうかがいました。
「村上信夫のときめきトーク」ゲスト・升 毅さん
村上信夫のときめきトーク 
ゲスト:升 毅さん
 NHKの朝ドラ「あさが来た」のお父さん役でおなじみの升毅さん。妻を介護する夫を描いた映画「八重子のハミング」では初の主演を務め、多くの感動を呼んでいます。
 元NHKアナウンサー・村上信夫さんと、男2人で「やさしさ」についてじっくり語り合う対談になりました。

今月のおすすめ

好井裕明さん

 私たちは「差別」と
どう向き合えばいいのか
   好井裕明さん
(日本大学文理学部教授)
 自分は差別などしない。そう思っている人は多いかもしれません。しかし、社会学者の好井裕明さんによれば、「どんな人でも差別をする可能性をもっている」とのこと。
 私たちは差別をどうとらえ、どう向き合えばいいのか、考えてみましょう。
黒岩典子さん

生涯現役の目標を掲げて、おいしくて、体にもよい
和菓子店を開店
   黒岩典子さん

 老後は夫婦2人の時間を大切に過ごそう――。そう約束していたご主人を亡くしたのは、黒岩典子さんが49歳のとき。以後黒岩さんがとった行動は、会社を辞め、和菓子で企業することでした。
 開店までの経緯や、菓子に込めた思いをうかがいました。

月刊「清流」

2017年10月号No.282 2017/9/1発売

【第1特集】
病気でも、自分らしく

 年齢を重ねるにつれて体に不調が出てくるのは当然のこと。
 病気を抱えながら、前向きに生きるとはどんなことか、不調があっても安心して暮らせる社会とはどんなものか、考えてみませんか。


▼生活者として
 わが家で暮らす幸せ
 東郷清児


▼ときめいて生きることが
 最良の養生法
 帯津良一


▼認知症になっても
 安心して暮らせる社会とは
 藤田和子


▼病気になって見つけた
「自分の役割」
 さかもと未明


▼病気は人生をリセットする
 チャンスととらえて
 溝口綾子


▼「未病息災」で健康長寿を
 都島基夫

 


 

帯津良一さん

 さかもと未明さん


第1特集ここまで

●にっぽんの島――津々浦々「蓋井島(山口県)」
 加藤庸二

●日々是「肯」日
「笑えて泣けた『夫婦の再現ドラマ』」 
 夏井いつき

●絵双六に魅せられて「少女スポーツ双六」 
 吉田 修

●季節を感じる小さな暮らし「神無月」
 沖 幸子

こころのヒント

◆あなたにとって役に立つものとは? 安芸倫雄

【第2特集】 若冲のこと、もっと知りたい

 伊藤若冲は昨年生誕300年を迎え、各地で展覧会が大盛況を博すなど、大きな話題になりました。
 知っている人にも、知らない人にもわかりやすく、その作品の魅力と人間像をご紹介します。

結城昌子/景山由美子
            
第2特集ここまで

● クローズアップ! 森 比左志(ひさし)/山本陽子

●村上信夫のときめきトーク ゲスト:升 毅

●私たちは「差別」とどう向き合えばいいのか 
 好井裕明

●生涯現役の目標を掲げて、
 おいしくて、体にもよい和菓子店を開店
 黒岩典子

エッセイ&読み物

命を育む いのちを見つめる
「出生率が上がらない本当の理由」
三浦瑠麗

なんでもない毎日を、特別に生きる!
「あなたは自立した生き方をしていますか?」
鎌田 實

今日がいちばん!「好きになる」
檀 ふみ

輝く女性の「老い」の生かし方
「『熟年離婚』『死後離婚』を防ぐ意識のリセット」
坂東眞理子

「江戸暮らし」をひも解く 
「江戸の漬物」
菊地ひと美

自然におまかせのリズム 
「阿呆になれば、意識がクリアになってくる」
小池龍之介

エレガントな脳科学 
「歯のない話」
黒川伊保子

キレイの医学
「水を活用してきれいになる」
海原純子

よく生きるココロエ
「決断する勇気」
岸見一郎

企画連載

詩歌の小径3「落葉―ポール・ヴェルレーヌ」

書簡の風景9 「井伏鱒二に宛てた太宰治の手紙」

人生は80歳からがおもしろい!
「好奇心旺盛な、御年91歳の"看板娘"」
土井スズ子

今日から始める認知症予防「音楽療法」
和合治久

おいしい、ヘルシー豆腐レシピ1
「なめらかな口あたりを楽しむ絹ごし豆腐」
山口はるの

おとなのための美文字レッスン
「美文字の第1歩は『姿勢』と『筆記具の持ち方』から」
青山浩之

切り紙でつづる ひだまり通信
「ホテルの部屋で作った 旅の思い出絵はがき」
井上由季子

私のお国じまん「大阪府」
ピーター

幸せな看取り方・看取られ方
後閑愛実

落語「おもしろ人間学」「目黒のさんま」
柳家花緑

ビギナーのためのクラシック入門
「『ダッタン人の踊り』でデビューして来年は10周年!」
藤澤ノリマサ

著者に聞く『箸もてば』
石田 千

読書なび

こころの広場

マガジン内容ここまで