2015年4月号No.251 2015/03発売 - 月刊清流
おすすめ
ラッキーになれる習慣
ラッキーになれる習慣 僕がいつも”ツイてる”理由
本書を読めば、いつしかラッキー体質に!ラッキー体質になれば、...
背骨から自律神経を整える
背骨から自律神経を整える ねじるだけで体と心が変わっていく!
背骨はほぼ自律神経!? 自律神経を守り、密接な関係にある背骨...
あの夏、兵士だった私
あの夏、兵士だった私 96歳、戦争体験者からの警鐘
今こそ、伝えたいあの戦場体験!   トラック島、数...

主婦たちに贈るこころマガジン「月刊清流」最新号紹介

2015年4月号No.251 2015/03発売
  • 月刊清流は書店ではお求めになれません
  • ご注文はこちら
  • Fujisanマガジンサービス
1冊700円(送料・税込)
バックナンバーはこちら
お問合わせ・ご注文平日 10:00-18:00
03-3288-5405

今月のきらめきびと

堀尾正明さん
堀尾正明さん
元NHKアナウンサーの堀尾正明さんは現在、TBS系列「Nスタ」でメインキャスターを務めるなど、フリーアナウンサーとして多忙な日々を送っています。アナウンサーになったのは「偶然」だったという堀尾さんですが、さまざまな困難を乗り越え、現在のように活躍するまでの道のり、今回発行した最新刊の内容について、お話いただきます。
海原純子さん
海原純子さん
日本で初めて女性のためのメディカルクリニックを開設し、心療内科医・歌手、大学教授......と幅広い活動を続けている海原純子さん。昨年、日本医学大学健診センターにて、日本初の「心の人間ドック」――「ストレス予防ドック」を開設し、注目を集めています。「本来、ストレスは予防できるもの」とおっしゃる海原さんに、どのようにしてストレスと向き合うことが大切なのか、教えていただきます。
「村上信夫のときめきトーク」ゲスト・愛華みれさん
村上信夫のときめきトーク ゲスト:愛華みれさん
元宝塚のトップスターで、退団後も、女優として幅広い活動を行っている愛華みれさん。そんな愛華さんは2008年に「悪性リンパ腫」を発症してしまいますが、持ち前の明るさと強い精神力で病気を克服し、復活を遂げました。闘病生活で愛華さんを支えたのは「言葉の力」だといいますが、「嬉しい言葉の種まき」を実践中の村上信夫さんも、愛華さんの発言に賛同します。

今月のおすすめ

大胡田 誠さん

〈ヒューマン・ドキュメント〉「進むべき道に迷ったときは、心が温かいほうを選びたい」大胡田 誠さん
視覚障がいというハンディーをもちながら、弁護士として活動している大胡田誠さん。幼い頃に視力を失い、最難関といわれる国家試験「司法試験」に合格するまでの間には、数々の苦難がありました。そんな大胡田さんを支えたのは、お母さんがかけてくれた言葉だといいますが......。
佐藤愛子さん

生きることは描くこと 入江一子さん

50代でシルクロードに魅せられ、シルクロード一筋に、98歳の現在も毎日絵筆をもっている画家の入江一子さん。斬新な構図と、豊かな色感な作品のご紹介とともに、入江さんのこれまでの歩み、作品にこめる思いなどをうかがいました。

月刊「清流」

2015年4月号No.251 2015/03発売

【第1特集】
幸せの種を蒔く「ありがとう」

「ありがとう」は魔法の言葉。言った方も言われた方も幸せな気持ちになります。本特集では、東日本大震災の際、宮城県の砂浜に描かれた「ARIGATO」、「終末期医療」、「仏教」、「心理学」の分野でも注目されている「ありがとう」をご紹介。


▼「ありがとう」は最高の心の栄養 町田宗鳳


▼感謝の気持ちは、思うだけでは伝わらない 佐々木直人


▼どうしても夫との別れを認めたくなかった! 真野ゆかり(仮名)


▼生きとし生けるものすべてに感謝できる心 金澤翔子


▼逝く人への思いを悔いなく伝えるために 内藤いづみ


▼魔法の言葉「ありがとう」の力 勝俣瑛史


▼最期の言葉が、のちの人生を支えた 小松喜代子

金澤翔子さん
©土谷善則

  内藤いづみさん


第1特集ここまで

●一度は見たい世界の絶景「風車とチューリップ畑(オランダ)」 高杉 翔

●きもの暮らし 歳時記「近所の桜でお花見を」 平野恵理子

●牛の歩み 虎の夢「完成破壊」 小池昌代

●声に出して読む美しい日本語「祇園精舎」

こころのヒント

◆あなたはお花見に行きますか? 安芸倫雄

【第2特集】 
日本の物の数え方

日本には古来より独特の物の数え方があり、独特の数え方には、数える物について多くの情報を伝えることができる助数詞の存在が欠かせません。その歴史やルーツを辿り、日本人の物の捉え方や考え方などを見ていきましょう。

飯田朝子/松井今朝子/アラン・ウエスト
第2特集ここまで

● きらめきびと 堀尾正明/海原純子

●村上信夫のときめきトーク ゲスト:愛華みれ

●〈ヒューマン・ドキュメント〉進むべき道に迷ったときは心が温かいほうを選びたい 大胡田 誠

●〈98歳現役画家〉生きることは描くこと 入江一子

● ニュースを聞いて立ち止まり... 徳岡孝夫

エッセイ&読み物

こころを楽に 「柔軟な思考で硬直化を防ぐ」
鈴木皓詞

「すべてに感謝」で毎日がしあわせ
鮫島純子

欲張らずに七・五分でいこう「ヒデキ、還暦!!」
西城秀樹

しあわせ日和「今日という日を大切に!」(最終回)
小山明子

「悩まない」人生相談室
鎌田 實

宇宙に広がるアナザーワールド 「太陽系最大の惑星表面の妖しい模様」
渡部潤一

ちょっと意外な言葉の話 「いちゃもん」
山口仲美

箸もてば 「おいしい、おしまい」(最終回)
石田 千

北鎌倉東慶寺 花ごよみ 「春爛漫!東慶寺のサクラの宴」(最終回)
井上米輝子

若くないって素晴らしい 「老いるから、わかる。若いというのは痛ましい」
平 安寿子

快護の花束 「『悔いなく看取るには......』胃ろう、人工呼吸器......悩ましき終末期医療」(最終回)
おち とよこ

いきいき健やか生活術「『ゆっくり深い呼吸』が心と体を変える」
小林弘幸

企画連載

話題の事典 「『マイナンバー』で暮らしはどう変わる?」
がんとどう向き合う? 「『大腸がん検診』の大切さを伝えたい!」原元美紀
日本いきもの図鑑「アカヒゲ」
シリーズで考える「脳梗塞3」 沼尾ひろ子
毎日の家庭の食事で、夫を心身ともに健やかに 生田 哲
著者に聞く 小島希世子

新刊案内

こころの広場

マガジン内容ここまで