2015年2月号No.250 2015/01発売 - 月刊清流
おすすめ
ラッキーになれる習慣
ラッキーになれる習慣 僕がいつも”ツイてる”理由
本書を読めば、いつしかラッキー体質に!ラッキー体質になれば、...
背骨から自律神経を整える
背骨から自律神経を整える ねじるだけで体と心が変わっていく!
背骨はほぼ自律神経!? 自律神経を守り、密接な関係にある背骨...
あの夏、兵士だった私
あの夏、兵士だった私 96歳、戦争体験者からの警鐘
今こそ、伝えたいあの戦場体験!   トラック島、数...

主婦たちに贈るこころマガジン「月刊清流」最新号紹介

2015年2月号No.250 2015/01発売
  • 月刊清流は書店ではお求めになれません
  • ご注文はこちら
  • Fujisanマガジンサービス
1冊700円(送料・税込)
バックナンバーはこちら
お問合わせ・ご注文平日 10:00-18:00
03-3288-5405

今月のきらめきびと

黒井 健さん
黒井 健さん
日本を代表する絵本画家の一人、黒井健さん。『ごんぎつね』や『手ぶくろを買いに』など、繊細なタッチと色使いの作品に触れた方も多いでしょう。そんな黒井さんが最近手がけたのが、東日本大震災で息子を亡くした母の体験を元に描かれた『ハナミズキのみち』です。作品に込めた想いをうかがいます。
「村上信夫のときめきトーク」ゲスト・小林幸子さん
村上信夫のときめきトーク ゲスト:小林幸子さん
2014年、歌手生活50周年を迎えた小林幸子さん。最近はネットの世界で若い世代に人気を得、活動の場を広げていらっしゃいます。その一方、デビュー当時から故郷・新潟への想いをもち続けています。地震の折の慰問活動、地震の被害が大きかった山古志村(現・長岡市)でのお米作り、そして新潟を題材とした作品への想いなどについてもお話いただきました。

今月のおすすめ

松丸 奨さん

〈給食最前線リポート〉子ども時代のおいしい体験が心と体をつくる 松丸奨さん
学校給食法が施行されてから60年。給食は時代とともに進化し、食材もメニューも驚くほど豊富になり、味にも工夫がなされていると聞きます。都内の小学校で、日々「おいしい給食」を追求している栄養士・松丸奨さんの奮闘ぶりを紹介し、給食の果たす役割と、食の大切さについて考えたいと思います。
樋野興夫さん×里中満智子さん

「がんとどう向き合う?」自分の体の"声"と周囲の人との"対話"が大切 樋野興夫さん×里中満智子さん

日本人の2人に1人ががんになる時代といわれています。本連載では「がんとどう向き合えばいいのか」をテーマに、さまざまな角度から考えてみたいと思います。 先月号に続き、がん哲学外来やメディカルカフェを提唱し、多くのがん患者の不安や悩みに耳を傾けてきた樋野興夫さんと、子宮頸がんを克服した漫画家の里中満智子さんとの対談をお届けします。

月刊「清流」

2015年2月号No.250 2015/01発売

【第1特集】
いつまでも若々しく わたしの朝時間

朝は一日の始まり。すっきり起きて、気持ちよく過ごしたいものです。いつもよりほんの少し早起きをして、良質の朝時間過ごしてみませんか?


▼七時間睡眠で、良質の朝時間を導く 久保田 競


▼数字で見る「朝時間」の過ごし方


▼乾布摩擦で、すっきりした朝を迎えよう 和田清香


▼朝ノートで、ポジティブな一日を送ろう 中山庸子


▼朝の喫茶店で、ゆったりした自分だけの時間を ハコノカフェ


▼静寂に包まれて、心地よい緊張感に浸る朝坐禅 東慶寺

久保田 競さん

  中山庸子さん


第1特集ここまで

●一度は見たい世界の絶景「ホワイトホースのオーロラ(カナダ)」 高杉 翔

●きもの暮らし 歳時記「おうちでは、とにかく暖かに」 平野恵理子

●牛の歩み 虎の夢「出家」 小池昌代

●声に出して読む美しい日本語「枕草子」

こころのヒント

◆「今」でなくてはだめですか? 安芸倫雄

【第2特集】 
あの頃を思い出す 懐かしのままごと道具

子どもの頃、多くの女性がままごと遊びを楽しんだことと思います。年代と共にカタチを変えてきたままごと道具。そんなままごと道具の歴史を辿ってみましょう。

尾?織女/平野レミ
第2特集ここまで

● きらめきびと 黒井 健

●村上信夫のときめきトーク ゲスト:小林幸子

●子ども時代のおいしい体験が心と体をつくる 松丸 奨

●〈新春対談・後編〉「『終活』は"元気なうちに"がポイント」「人生の晩年をしなやかに生きる秘訣とは」 鎌田 實×坂東眞理子

● ニュースを聞いて立ち止まり... 徳岡孝夫

エッセイ&読み物

こころを楽に 「死は悲しくもなし 恐ろしくもなし」 鈴木皓詞

「すべてに感謝」で毎日がしあわせ
鮫島純子

欲張らずに七・五分でいこう「復帰コンサート『心響』に込めた思い」
西城秀樹

しあわせ日和「傘寿を迎えるにあたって」
小山明子

「悩まない」人生相談室
鎌田 實

宇宙に広がるアナザーワールド 「天の穴:暗黒星雲」
渡部潤一

ちょっと意外な言葉の話 「ぐる」
山口仲美

箸もてば 「魔法のせいろ」
石田 千

北鎌倉東慶寺 花ごよみ 「春を待ちわびながら ゆったりとした変化を楽しむ」
井上米輝子

若くないって素晴らしい 「身体は疲れても、心が取り憑かれる被災地訪問」
平 安寿子

快護の花束 「『母の通帳残高が、ゼロに!?』認知症のお金の管理」
おち とよこ

いきいき健やか生活術「『ゆっくり』動けば心も体も健康になる」
小林弘幸

企画連載

〈新連載〉話題の事典 日本の「世界遺産」、次はどこ?
がんとどう向き合う? 自分の体の?声?と周囲の人との?対話?が大切」樋野興夫×里中満智子
日本いきもの図鑑「ニホンザル」
シリーズで考える「脳梗塞2」 池谷敏郎
〈人間ドキュメント〉光の射すほうへ向かって
著者に聞く 山口晃弘

新刊案内

こころの広場

マガジン内容ここまで