2015年1月号No.249 2014/12発売 - 月刊清流
おすすめ
ラッキーになれる習慣
ラッキーになれる習慣 僕がいつも”ツイてる”理由
本書を読めば、いつしかラッキー体質に!ラッキー体質になれば、...
背骨から自律神経を整える
背骨から自律神経を整える ねじるだけで体と心が変わっていく!
背骨はほぼ自律神経!? 自律神経を守り、密接な関係にある背骨...
あの夏、兵士だった私
あの夏、兵士だった私 96歳、戦争体験者からの警鐘
今こそ、伝えたいあの戦場体験!   トラック島、数...

主婦たちに贈るこころマガジン「月刊清流」最新号紹介

2015年1月号No.249 2014/12発売
  • 月刊清流は書店ではお求めになれません
  • ご注文はこちら
  • Fujisanマガジンサービス
1冊700円(送料・税込)
バックナンバーはこちら
お問合わせ・ご注文平日 10:00-18:00
03-3288-5405

今月のきらめきびと

長井鞠子さん
長井鞠子さん
日本における同時通訳者の草分け的存在である長井鞠子さん。長年、同時通釈者としての長井さんの活動を支えてきたのは、国際電話の交換手として、英語で仕事を続けてきたお母様の存在だとおっしゃいます。そんな長井さんが考える通訳の仕事の難しさと、魅力とは?
高遠智子さん
倉本 聰さん
「北の国から」「前略おふくろ様」など多くの脚本を手がけてきた倉本聰さん。倉本さんがここ数年熱い視線を送り続けているのが、3・11による原発事故で被害を受けた被災地へのまなざしです。被災地に何度も足を運び、取材を続けた倉本さんが手がけた舞台「夜想曲―ノクターン」が年明けから始まります。舞台にこめた想いをお聞きします。
「村上信夫のときめきトーク」ゲスト・諏訪内晶子さん
村上信夫のときめきトーク ゲスト:諏訪内晶子さん
世界的に最も権威あるチャイコフスキー国際コンクールで、史上最年少で優勝を手にしたヴァイオリニストの諏訪内晶子さん。長年外国に住んでいる諏訪内さんですが、東日本大震災をきっかけに「日本のために何かしたい」と考えるようになり、被災地でのチャリティーコンサートなどを催す「国際音楽祭NIPPON」の企画、芸術監督を務めるようになったといいます。そんな諏訪内さんと村上さんとの出会いは20年前。どのような出会いだったのでしょうか?

今月のおすすめ

西城秀樹さん

〈新連載〉欲張らず七・五分でいこう 西城秀樹さん
10代でトップアイドルとなり、全力投球で活動を続けてきた西城秀樹さんが、脳梗塞を発症したのは48歳のとき。その8年後にも二度目の脳梗塞が西城さんを襲います。家族や周りの人々に励まされ復帰を果たした西城さんの日常や、生き方についてお話いただく連載が始まります。
諏訪内晶子さん

新春スペシャル対談〉"老いの悩み"にどう向き合うか? 【前編】人生の晩年をしなやかに生きる秘訣 鎌田 實さん×坂東眞理子さん

老いにまつわる不安や悩みはつきないもの。「60歳を過ぎてからの「林住期(りんじゅうき)」の生き方が、その人の人生の輝きを決める」という医師で作家の鎌田實さんと、昭和女子大学学長の坂東眞理子さんに、晩年をしなやかに生きる秘訣についてうかがう対談を、2号にわたってお届けします。

月刊「清流」

2015年1月号No.249 2014/12発売

【第1特集】
老いを輝かせる生き方

歳をとることをマイナスイメージに捉えがち。しかし?老い?とは人間として成熟するということなのです。老いを受け入れ前向きに生き、日々の生活を豊かにしませんか?


▼健やかに、豊かに年を重ねる「スマート・エイジング」 川島隆太


▼美しく老いるために日々の努力は惜しみなく 奈美悦子


▼大好きな花に囲まれて働ける毎日に感謝 紫竹昭葉


▼「名局」を生むために生涯現役で将棋に精進したい 加藤一二三


▼心地よさを感じるために理想の走りを追究する日々 松田千枝


▼最期の瞬間まで輝き続ける生き方を 下重暁子

川島隆太さん

  奈美悦子さん


第1特集ここまで

●一度は見たい世界の絶景「マチャプチャレ(ネパール)」 高杉 翔

●〈新連載〉きもの暮らし 歳時記「色無地できちんとお正月」 平野恵理子

●〈新連載〉牛の歩み 虎の夢「謎の花束」 小池昌代

●〈新連載〉声に出して読む美しい日本語「小倉百人一首」

こころのヒント

◆たまには視点を変えてみませんか? 安芸倫雄

【第2特集】 
ふるさとの温もりを伝える郷土玩具

日本各地で古くから親しまれている郷土玩具。子どもの遊具にとどまらず、今や大人の愛好品へと変わってきている郷土玩具の魅力をご紹介します。

井上重義/大野隆司
第2特集ここまで

● きらめきびと 長井鞠子/倉本 聰

●村上信夫のときめきトーク ゲスト:諏訪内晶子

●ヒューマン・ドキュメント「フィリピンの貧しい人々に寄り添う助産師」 冨田江里子

●〈新春対談・前編〉"老いの悩み"にどう向き合うか? 「人生の晩年をしなやかに生きる秘訣とは」 鎌田 實×坂東眞理子

● ニュースを聞いて立ち止まり... 徳岡孝夫

エッセイ&読み物

〈新連載〉「すべてに感謝」で毎日がしあわせ
鮫島純子

こころを楽に 「運気を落とさないために」 鈴木皓詞

〈新連載〉欲張らずに七・五分でいこう 「ヒデキ、元気になりました!」
西城秀樹

しあわせ日和「父親としての大島渚」
小山明子

「悩まない」人生相談室
鎌田 實

宇宙に広がるアナザーワールド 「宇宙の幽霊:メローペ星雲」
渡部潤一

ちょっと意外な言葉の話 「とんとん拍子」
山口仲美

箸もてば 「諸国味みやげ」
石田 千

北鎌倉東慶寺 花ごよみ 「鐘の音とともに始まる年明け」
井上米輝子

若くないって素晴らしい 「持って生まれた五感の高機能を取り戻さないと、もったいない」
平 安寿子

快護の花束 「『独居になった親の暮らしが心配』一人暮らしの親の見守りと生活支援」
おち とよこ

〈新連載〉いきいき健やか生活術
小林弘幸

企画連載

失った記憶を呼び覚ます「パーソナル・ソング」 マイケル・ロサト=ベネット
〈新連載〉がんとどう向き合う? 「がんは生活を見直すきっかけを与えてくれた!」樋野興夫×里中満智子
〈新連載〉日本いきもの図鑑「ニホンカモシカ」
シリーズで考える「体の冷え3」 山口勝利
〔特別対談・後編〕「本を読むこと、勉強することは自分探しの旅」 楊 逸×瞳みのる
著者に聞く 勢古浩爾

新刊案内

こころの広場

マガジン内容ここまで