2014年8月号No.244 2014/7発売 - 月刊清流
おすすめ
ラッキーになれる習慣
ラッキーになれる習慣 僕がいつも”ツイてる”理由
本書を読めば、いつしかラッキー体質に!ラッキー体質になれば、...
背骨から自律神経を整える
背骨から自律神経を整える ねじるだけで体と心が変わっていく!
背骨はほぼ自律神経!? 自律神経を守り、密接な関係にある背骨...
あの夏、兵士だった私
あの夏、兵士だった私 96歳、戦争体験者からの警鐘
今こそ、伝えたいあの戦場体験!   トラック島、数...

主婦たちに贈るこころマガジン「月刊清流」最新号紹介

2014年8月号No.244 2014/7発売
  • 月刊清流は書店ではお求めになれません
  • ご注文はこちら
  • Fujisanマガジンサービス
1冊700円(送料・税込)
バックナンバーはこちら
お問合わせ・ご注文平日 10:00-18:00
03-3288-5405

今月のきらめきびと

堀口茉純さん
堀口茉純さん
「お江戸ル」(お江戸に詳しいアイドル)として、テレビ、ラジオ出演、執筆、史跡ツアー・ガイド、講演などで大忙しの堀口茉純さん。司法試験にも匹敵し超難関といわれる江戸文化歴史検定一級に出題された問題、堀口さんの好きな歴史上の人物について......など話題が広がります。
小川仁志さん
小川仁志さん
山口県の徳山工業高等専門学校で哲学を教える小川仁志さんは、地元商店街の空き店舗で開く「哲学カフェ」などの活動で注目を浴びています。そんな小川さんが提唱するのが、考え方により幸せになることができる「ポジティブ哲学」。「ポジティブ哲学」の神髄とは......。
「村上信夫のときめきトーク」ゲスト・山口仲美さん
「村上信夫のときめきトーク」ゲスト・山口仲美さん
擬音語・擬態語のオノマトペ研究で知られる国語学者の山口仲美さんは、自身の経験をふまえ『大学教授がガンになってわかったこと』を執筆されました。どう病気と向き合えばいいのか? 医者とどのようにかかわっていったらよいのか......、患者として疑問に感じた点とどのように向き合ってきたのか、村上信夫さんがお話をうかがいます。

今月のおすすめ

ジャパンポンポン

ポンポンを手に踊っていたら、年齢なんて忘れます! ジャパンポンポン
「今こそ青春」とばかり、色鮮やかなテープを束ねたポンポンを振りかざし、派手な衣装で踊るチア・リーディングチーム「ジャパンポンポン」。メンバーの平均年齢は68歳。来年11月の20周年記念チャリティー・ショーに向け、熱のこもった練習場にお邪魔し、パワーあふれるお話をうかがいました。
渡部潤一さん

〈新連載〉宇宙に広がるアナザーワールド 渡部潤一さん

宇宙については未知な部分が多いですが、最近はさまざまな技術や機器の開発・発達により、わかってきたことが増えてきました。宇宙に広がる別世界―アナザーワールドへ、天文学者の渡部潤一さんにご案内いただく連載がはじまります。

月刊「清流」

2014年8月号No.244 2014/7発売

【第1特集】
動物が人を幸せにするのはなぜ? その不思議と絆を深めるヒント

将来を共にする伴侶として、動物は私たちに癒しを与えてくれます。そんな動物と私たちが幸せに暮らしていくために、何ができるか考えてみましょう。


▼やさしい心の通い合いが人の健やかな暮らしをサポート 柴内裕子


▼子どもの心をつかむ能力を医療に生かす試み ヨギと皆川誠一郎


▼私には、生きる喜びを教えてくれる猫が必要でした 熊井明子


▼君との出合いも何かの縁。一緒に楽しく生きようよ 近藤良平


▼体験を語り合い、悲しみの居場所を見つける 梶原葉月

熊井明子さん

  近藤良平さん


第1特集ここまで

●一度は見たい世界の絶景「エンジェルフォール」 高杉 翔

●筆で描く日々の幸せ「ほおずき」 金子 寿

●百歳の祈り「魚と野菜」 三星静子

●この日は何の日?「8月・葉月」

こころのヒント

◆「健康寿命」を延ばす努力していますか? 安芸倫雄

【第2特集】
大人の優雅な嗜好品「チョコレート」

子どもの頃からなじみのあるチョコレートですが、大人も大好きなお菓子です。カカオを使った上質で品のある宝石のようなチョコレート。自分だけの一粒を見つけてみませんか?

土屋公二/有賀さつき
第2特集ここま

● きらめきびと 堀口茉純/小川仁志

●村上信夫のときめきトーク ゲスト:山口仲美

●ポンポンを踊っていたら年齢なんて忘れます! ジャパンポンポン

● ニュースを聞いて立ち止まり... 徳岡孝夫

エッセイ&読み物

こころを楽に「己を問い詰めるための禅語の活用」
鈴木皓詞

絵本からの贈り物「『真実の愛』とは痛みが伴うもの」
末盛千枝子

カマタ流生きるヒント「親鸞の言葉」 
鎌田 實

しあわせ日和「孫との鎌倉二人旅」
小山明子

〈新連載〉宇宙に広がるアナザーワールド「ミスティック・マウンテン」 
渡部潤一

〈新連載〉ちょっと意外な言葉の話「ざっくばらん」 
山口仲美

箸もてば「夏のともだち」
石田 千

北鎌倉東慶寺 花ごよみ「暮らしの中のひと工夫で、涼しさを演出」
井上米輝子

若くないって素晴らしい「人間の脳はとてつもない精密機械。いちいち驚こう」
平 安寿子

快護の花束「関係が悪かった相手の介護」
おち とよこ

禅に学ぶ こころの整え方「静かな時間の中で自分自身を見つめ直す」
枡野俊明

企画連載

人生の最終章、どう迎えますか? ─終末期のありかたを考える─ 黒岩由起子
古典の栞「枕草子」 赤間恵都子
近代化遺産へのいざない「端島炭鉱」
〈新連載〉ぬくもりのミュージアムへ「新美南吉記念館」
シリーズで考える「口まわりの健康1」 沼部幸博
脱・ポジティブで老後の生き方がラクになる 山崎洋子
著者に聞く 上野行一

新刊案内

こころの広場

マガジン内容ここまで