2014年11月号No.247 2014/10発売 - 月刊清流
おすすめ
ラッキーになれる習慣
ラッキーになれる習慣 僕がいつも”ツイてる”理由
本書を読めば、いつしかラッキー体質に!ラッキー体質になれば、...
背骨から自律神経を整える
背骨から自律神経を整える ねじるだけで体と心が変わっていく!
背骨はほぼ自律神経!? 自律神経を守り、密接な関係にある背骨...
あの夏、兵士だった私
あの夏、兵士だった私 96歳、戦争体験者からの警鐘
今こそ、伝えたいあの戦場体験!   トラック島、数...

主婦たちに贈るこころマガジン「月刊清流」最新号紹介

2014年11月号No.247 2014/10発売
  • 月刊清流は書店ではお求めになれません
  • ご注文はこちら
  • Fujisanマガジンサービス
1冊700円(送料・税込)
バックナンバーはこちら
お問合わせ・ご注文平日 10:00-18:00
03-3288-5405

今月のきらめきびと

川瀬賢太郎さん
川瀬賢太郎さん
今年4月、神奈川フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者に就任した川瀬賢太郎さん。幼稚園の頃から「指揮者になるのが夢だった」という川瀬さんですが、夢の実現までにはさまざまな葛藤や苦悩があったといいます。夢をスタートさせた川瀬さんが目指す音楽とは?
佐原洋子さん
佐原洋子さん
国の名勝、東京都立向島百花園内で「茶亭さはら」を営む一方、「御成座敷」で行なわれる会席などの賄いを担当する佐原洋子さんは、今年88歳。きりりと結い上げた髪と粋な着物姿、自転車をさっそうと乗りこなす姿は年齢を感じさせません。そんな佐原さんの心意気とは......。
「村上信夫のときめきトーク」ゲスト・石丸幹二さん
「村上信夫のときめきトーク」ゲスト・石丸幹二さん
劇団四季で活躍し、「ミュージカル界の貴公子」と呼ばれた石丸幹二さん。 最近はテレビドラマでも難しい役どころを次々とこなし、役者としての幅を広げています。そんな石丸さんに村上信夫さんが「変化」をキーワードにお話をうかがいます。

今月のおすすめ

福井福太郎さん

ヒューマン・ドキュメント 人のために一生懸命働く―だから101歳まで現役を貫けた! 福井福太郎さん
現在102歳の福井福太郎さんは、昨年まで会社員として働いていました。明治45年生まれの福井さんは、戦争をくぐり抜けてきたという経験の持ち主でもあります。苦悩も挫折もあったであろう福井さんの、長い人生を支えてきた信条とは? ©村田和聡
足達淑子さん

シリーズで考える「体の冷え」第1回 渡辺賀子さん

寒さに向かうこれからは「冷え」に悩まされる人にはつらい季節です。今月号より3回にわたり、体の冷えとその対策について考えます。第1回目は漢方専門医の渡辺賀子さんに、「冷えを放置するとどんな問題が起きるのか」「冷えから体を守るにはどのようなことに気を付ければよいか」についてうかがいます。

月刊「清流」

2014年11月号No.247 2014/10発売

【第1特集】
思い込みを捨てて、新しい自分に出会う!

思い込みによって物事を判断してしまったり人の性格を決めつけていませんか? 思い込みは、人間関係の摩擦の原因にもなります。自分の心と向き合い、固定観念から一歩踏み出してみましょう。


▼自分の心と向き合って、思い込みを解き放とう! 小池龍之介


▼仲間を足がかりに一歩を踏み出そう! 三船智美


▼弱者を「救助」する介護でなく自立のための「援助」を! 瀬川文子


▼「ごめんなさい」「ありがとう」は思い込みを解く魔法の言葉 池内ひろ美


▼ご存知ですか? 「思い込み」による心の病 小林城治


▼人間は、思い込み=バイアスを通してものを見る 中野信子

小池龍之介さん

  中野信子さん


第1特集ここまで

●一度は見たい世界の絶景「メープル街道」 高杉 翔

●筆で描く日々の幸せ「枯れ葉」 金子 寿

●百歳の祈り「コロンビアの秘宝」 三星静子

●この日は何の日?「11月・霜月」

こころのヒント

◆この夏、海水浴に行きましたか? 安芸倫雄

【第2特集】 
世界が憧れる日本の木版画

木版画は日本の伝統工芸の一つで、世界でも高く評価されています。世界文化遺産ともいわれる粋な木版画の、過去から現在までをおさらいしていきましょう。

松山龍雄/安永幸一
第2特集ここまで

● きらめきびと 川瀬賢太郎/佐原洋子

●村上信夫のときめきトーク ゲスト:石丸幹二

●人のために一生懸命働く―だから一〇一歳まで現役を貫けた! 福井福太郎

● ニュースを聞いて立ち止まり... 徳岡孝夫

エッセイ&読み物

こころを楽に「心の思いはその人が全ての責を負う」
鈴木皓詞

絵本からの贈り物「戦争で美しい世界を失わないために」
末盛千枝子

カマタ流生きるヒント「ソクラテスの言葉」 
鎌田 實

しあわせ日和「鎌倉・建長寺で三島作品に挑戦」
小山明子

宇宙に広がるアナザーワールド「フラッシュライトに照らされた星雲」 
渡部潤一

ちょっと意外な言葉の話「じゃじゃ馬」 
山口仲美

箸もてば「うっすら、ぼんやり」
石田 千

北鎌倉東慶寺 花ごよみ「深まる秋の庭で、装う花々たち」
井上米輝子

若くないって素晴らしい「被爆を知らないわたしと、そしてあなたの未来にも原爆忌はある」
平 安寿子

快護の花束「『かかりつけ医が見つからない』悩ましい医師探し」
おち とよこ

禅に学ぶ こころの整え方「死が生きることの尊さを教えてくれる」
枡野俊明

企画連載

人生の最終章、どう迎えますか? ─終末期のありかたを考える─ 島田裕巳
古典の栞「お伽草子」 上野友愛
近代化遺産へのいざない「旧手宮鉄道施設」
ぬくもりのミュージアム「イルフ美術館」
シリーズで考える「体の冷え1」 渡辺賀子
〔特別企画〕必ず来る! 大震災に備える「食」を考える2
石川伸一
著者に聞く 安田未知子

新刊案内

こころの広場

マガジン内容ここまで