2012年8月号No.220 2012/07発売 - 月刊清流
おすすめ
ラッキーになれる習慣
ラッキーになれる習慣 僕がいつも”ツイてる”理由
本書を読めば、いつしかラッキー体質に!ラッキー体質になれば、...
背骨から自律神経を整える
背骨から自律神経を整える ねじるだけで体と心が変わっていく!
背骨はほぼ自律神経!? 自律神経を守り、密接な関係にある背骨...
あの夏、兵士だった私
あの夏、兵士だった私 96歳、戦争体験者からの警鐘
今こそ、伝えたいあの戦場体験!   トラック島、数...

主婦たちに贈るこころマガジン「月刊清流」最新号紹介

2012年8月号No.220 2012/07発売
  • 月刊清流は書店ではお求めになれません
  • ご注文はこちら
  • Fujisanマガジンサービス
1冊700円(送料・税込)
バックナンバーはこちら
お問合わせ・ご注文平日 10:00-18:00
03-3288-5405

今月のきらめきびと

伊藤智也さん
伊藤智也さん
現在49歳の伊藤さんが、難病の「多発性硬化症」を発症したのが34歳の時。半身不随、左目失明という困難をものともせずに、車いす陸上競技に挑戦し、トップアスリートへと駆け上がりました。8月のロンドンパラリンピックでは、出場4種目すべてで金メダル獲得を目指しています。日本期待の星の活躍に、この夏は目が釘付けとなることでしょう。
東野珠実さん
東野珠実さん
笙奏者・作曲家として活躍を続けている東野珠実さん。笙は単純なつくりの楽器だけに、演奏者の息のさま=生きざままでが演奏に出てしまうのだとか。また笙の音色には、脳を活性化させる効力もあると東野さんはおっしゃいます。そんな東野さんの笙との出合いからお話をうかがいました。
「村上信夫のときめきトーク」ゲスト・渡部陽一さん
「村上信夫のときめきトーク」ゲスト・渡部陽一さん
ゆったりとした語り口が魅力の、戦場カメラマン渡部陽一さん。村上信夫さんとは、同じ明治学院大学の卒業生だそうです。渡部さんの学生時代からのなじみの町・横浜中華街で戦場での体験、ラジオにかける思いなど、先輩後輩の気のおけないトークが広がります。

今月のおすすめ

ようこそ!歌舞伎ワールドへ―日本人の原点を発見
[新連載] ようこそ!歌舞伎ワールドへ―日本人の原点を発見
歌舞伎の魅力を季節にちなんだ演目の紹介を通して、お伝えするエッセイが始まります。ご執筆者は、歌舞伎の企画・制作に長年携わり、歌舞伎に関する著作もたくさんある作家・松井今朝子さんです。今月取り上げる演目は「夏祭浪花鑑」。義理の親子関係、友情などさまざまなテーマを織り込んだ見ごたえたっぷりの作品です。
シリーズで考える「
シリーズで考える「"大震災の日"を境に」第1回 金子由紀子さん
昨年3月の東日本大震災から一年以上がたち、私たちは暮らしの中で当たり前だと思っていたことを見直さざるをえなくなりました。その一方で、時間の経過とともにその思いが薄れて行くことへの不安も感じます。あの日の経験から、忘れてはならない、心に刻んでおきたいと思ったことを3回にわたって考えて行きます。第1回は生活者の視点から、エッセイストの金子由紀子さんにお話を伺いました。第2回は、被災地・宮城県南三陸町の三浦弘子さんが感じた「人との絆」、第3回は「ふるさと・福島への思い」を予定しています。

月刊「清流」

2012年8月号No.220 2012/07発売

【第1特集】
記憶のふしぎ

記憶をもとに、日々の暮らしを営んでいる私たちですが、「間違いない」と確信している記憶が、「違っていた!」という経験はないでしょうか? なぜそのようなことが起きてしまうのか、「記憶のふしぎ」に迫ります。


▼ 視点を変えて、いやな記憶も書き替えよう 榎本博明


▼ 〈私の記憶術1〉頭だけでなく気持ちや五感で記憶する

清水市代


▼ 〈私の記憶術2〉年齢であきらめず覚えようとすることが大切

清川 妙


▼ 懐かしい記憶が、生きがいと笑顔をもたらす 津田理恵子


▼ 人は忘れるからこそ、幸福になれる 前野隆司


▼ 〈特別寄稿〉弁当箱を洗う女

小池昌代


 

  清川妙さん

  小池昌代さん


第1特集ここまで

● 花いろのたび「向日葵」 森田敏隆

● 三十一文字で知る名画「ヘンリーのレガッタ(ラウル・デュフィ)」 結城昌子

● 魂の書「本来無一物」 金澤翔子・金澤泰子

● いとしきモノたち「将棋」 石井英夫

こころのヒント

◆ 「奇跡の一本松」のその後を知っていますか? 
安芸倫雄

【第2特集】
やわらかな輝き 銀をめぐりて

銀山、貨幣、工芸......。私たちの生活のかたわらで多彩な歴史を刻んできた「銀」。 静謐でやわらかなその輝きに迫ります。
中田健一/進藤春雄/石黒光南
第2特集ここまで

● きらめきびと 伊藤智也/東野珠実

● 村上信夫のときめきトーク ゲスト:渡部陽一

● ヒューマン・ドキュメント「ろう者と社会の架け橋となる映画を撮り続けたい」 今村彩子

● ニュースを聞いて立ち止まり... 徳岡孝夫

エッセイ&読み物

こころを楽に「小さな配慮が喜びの光となる」
鈴木皓詞

古為今用「数にまぎれて無能を隠した結末」
楊 逸

BHB的ハッピー生活のススメ「節電で夏を乗り切る」
阿部絢子

絵本からの贈り物「百戦錬磨のトラ猫の恋」
末盛千枝子

あの頃のこと「私たちの国は負け方を知らなかった」
吉沢久子

カマタ流生きるヒント「ヘルマン・ヘッセの言葉」
鎌田 實

鄙への想い「ローカリゼーションとは何か」
田中優子

人形語り・明日への伝言「つながる命、広がるきずな 今が明日への架け橋――"あたらしい家族誕生"」(最終回)
安部朱美

仏像めぐり旅「二度目のブータン・ネパール」(最終回)
廣瀬郁実

うれし! たのし!家庭菜園「シュンギク」「長ネギ」
藤田 智

[新連載]ようこそ! 歌舞伎ワールドへ「夏祭浪花鑑」
松井今朝子

しあわせ日和「一七年目に入った闘病生活の今」
小山明子

ことば―水原への旅「クスリを給う―元明天皇ゆかりの言葉から」
木村紀子

「寓話」に学ぶ人生訓「変更不可能なものを理由にした差別や迫害の存在」
鹿島 茂

企画連載
私のきものがたり 三遊亭小円歌
シリーズで考える「"大震災の日"を境に1」 金子由紀子
食中毒にご用心! 中村重信
こころと身体の健康学 林 寧哲
著者に聞く 桐山秀樹

新刊案内

こころの広場

*「不安時代のくよくよマネジメント」は休載いたします

マガジン内容ここまで