2011年9月号No.209 2011/08発売 - 月刊清流
おすすめ
ラッキーになれる習慣
ラッキーになれる習慣 僕がいつも”ツイてる”理由
本書を読めば、いつしかラッキー体質に!ラッキー体質になれば、...
背骨から自律神経を整える
背骨から自律神経を整える ねじるだけで体と心が変わっていく!
背骨はほぼ自律神経!? 自律神経を守り、密接な関係にある背骨...
あの夏、兵士だった私
あの夏、兵士だった私 96歳、戦争体験者からの警鐘
今こそ、伝えたいあの戦場体験!   トラック島、数...

主婦たちに贈るこころマガジン「月刊清流」最新号紹介

2011年9月号No.209  2011/08発売
  • 月刊清流は書店ではお求めになれません
  • ご注文はこちら
  • Fujisanマガジンサービス
1冊700円(送料・税込)
バックナンバーはこちら
お問合わせ・ご注文平日 10:00-18:00
03-3288-5405

今月のきらめきびと

柿沢安耶 若き
さかなクン「『好き』を極めたおさかな博士」
魚」のことなら何でもおまかせ! テレビ、講演、イベント......などでもひっぱりだこのさかなクン。最近では幻の「クニマス」の発見に大きく貢献し、注目度が高まっています。現在のさかなクンをかたちづくっているのは、とにかく魚が大好きで、魚の魅力を一人でも多くの人に伝えたいという小さいときからの熱い思い。「好き」という思いを持ち続け、夢を叶えたさかなクンは、多くの子どもたちに夢を与えていくことと思います。
真珠まりこ 『もったいないばあさん』子どもに大人気
中村安希「小さな声を伝えるノンフィクション作家」
デビュー作『インパラの朝』で開高健ノンフィクション賞を受賞した中村安希さん。最新作は、政治家への体当たりインタビュー『Be フラット』。日本の政治家って、こんな人たちだったの!?と驚きます。中村さんにお目にかかって、等身大の一人の女性として世界や日本の姿を私たちに伝え、これからの時代を切り拓く女性だと思いました。
大塚敦子 人と動物の絆や、命の重みと輝き向き合うフォトジャーナリスト
飯田久恵 「収納・整理術の先駆者」
収納カウンセラーとして、四半世紀近いキャリアをもつ飯田さん。しかしながら意外にも、ご本人は几帳面な性格ではないといいます。面倒くさがりの人間だからこそ、楽に簡単にできる収納術を考えたのだとか。主婦としてしっかりと家事と育児をこなしながら、ご主人の理解を得て収納カウンセラーの仕事を確立してこられました。忙しくても、のびのびと、楽しくやっていると語る、自然体の笑顔が印象的でした。

今月のおすすめ

「希望の言葉を分かちあいたい」桜井なおみ
特別企画「うつ病からの職場・社会復帰」五十嵐良雄
近年、憂うつな状態の人が明らかに増えているようです。「なかなか治らない」「一度治って復職したのに再休職した」という患者が目立つなかで、きちんと治すには何が大事なのか、うつ病患者の復職支援プログラムに力を注いでいる精神科医の五十嵐良雄さんにうかがいました。
仏像ガール
女流作家の家 三浦綾子の旧宅
旭川に地から、生きることの意味を問い続けた三浦綾子。39歳から10年を暮らした旧宅が復元され、「塩狩峠記念館」として公開されています。『氷点』を執筆した部屋や入選の知らせを受けた机など多くの展示物とともに、三浦綾子の生涯をご紹介します。

月刊「清流」

2011年9月号No.209 2011/08発売

【第1特集】
男と女の老年学

高齢者人口が増加する日本。人生80年と言われる時代、「老い」のかたちは多様化しています。老いとどう向き合っていくか、老いをどう迎えるか、現代の「老い」について考えたいと思います。

歳のとり方にも努力が必要  

高見澤たか子
迷いながら歳とともに生きる    黒井千次
物もつき合いも整理して

大島さと子
チャレンジ精神で前向きに生きる

松崎しげる
夫婦で愉しむ、笑い合うこと         

三浦朱門
「一粒の種」が伝える「いのち」

高橋尚子
要介護老人にならない対応策 

田中冨久子

大島さと子

三浦朱門


第1特集ここまで

●唱歌逍遥「海」

●三十一文字で知る名画「両国花火」 結城昌子

●仏像めぐり旅「長崎県平戸市のお地蔵さま」仏像ガール=廣瀬郁実

●いとしきモノたち「祖国」 石井英夫

こころのヒント

◆「頑張りすぎていませんか?」 安芸倫雄

【第2特集】
初秋に楽しむ観月の夕べ

古来より、人は花鳥風月の風雅を楽しんできました。空気が澄み切って月の光がさえる初秋の宵のひととき、心静かに月を鑑賞してみてはいかがでしょうか。

鎌田東二 岡田嘉夫 石寒太 日野原健司
第2特集ここまで

特別企画 母に贈られた「認知症」というプレゼント 関口祐加

特別企画 うつ病と職場・社会復帰 
五十嵐良雄

ニュースを聞いて立ち止まり... 徳岡孝夫

エッセイ&読み物

オトナになりなさい!
「これからのエネルギー政策を考える」
大宅映子

日本語大食辞解「【り】の巻」 
金田一秀穂

上野誠の私的読書室「小さな落胆、西東三鬼の場合」 
上野 誠

こころを楽に「人の一生は混迷混沌」
鈴木皓司


あの頃のこと「世相を利用してお金儲けをする人たち」 
吉沢久子

しあわせ日和「忘れえぬ戦争の記憶」
小山明子


いのちの養生法「ああ、湯治に行きたい 
玄侑宗久


魂の書「希望」
金澤翔子、金澤泰子

明日への伝言「おつかい」
安部朱美


鄙への思い「角館という都市」
田中優子 写真・石山貴美子

うれし!たのし!家庭菜園「ハクサイ・ダイコン」
藤田 智


不安時代のくよくよマネジメント「自分にだけは嘘はつかず、欠点を管理する」
津村記久子

ラ・フォンテーヌの「寓話」に学ぶ人生訓 「非常時こそ、芸術や文学が役に立つ」
鹿島 茂

古為今用「過信は命取りに...」
揚逸

企画連載

「支え合う社会」へと向かうために 後編 上田紀行
シリーズ 女流作家の家・三浦綾子
知ってスッキリ! 話題の言葉 「腸管出血性大腸菌」 中村明子
著者に聞く『いっしょにいるだけで』 森下典子

新刊案内

こころの広場

マガジン内容ここまで