2011年7月号No.207 2011/06発売 - 月刊清流
おすすめ
ラッキーになれる習慣
ラッキーになれる習慣 僕がいつも”ツイてる”理由
本書を読めば、いつしかラッキー体質に!ラッキー体質になれば、...
背骨から自律神経を整える
背骨から自律神経を整える ねじるだけで体と心が変わっていく!
背骨はほぼ自律神経!? 自律神経を守り、密接な関係にある背骨...
あの夏、兵士だった私
あの夏、兵士だった私 96歳、戦争体験者からの警鐘
今こそ、伝えたいあの戦場体験!   トラック島、数...

主婦たちに贈るこころマガジン「月刊清流」最新号紹介

2011年7月号No.207 2011/06発売
  • 月刊清流は書店ではお求めになれません
  • ご注文はこちら
  • Fujisanマガジンサービス
1冊700円(送料・税込)
バックナンバーはこちら
お問合わせ・ご注文平日 10:00-18:00
03-3288-5405

今月のきらめきびと

柿沢安耶 若き
市川亀治郎
「井上舞台に初挑戦!実力派歌舞伎俳優の試み」
今や中堅歌舞伎役者として人気・実力ともに力を発揮している市川亀治郎さん。6月より新国立劇場で井上ひさし作の「雨」に挑戦します。市川さんの舞台にかける思いと、歌舞伎に対する思いをうかがいます。

真珠まりこ 『もったいないばあさん』子どもに大人気
石井和子
「古典文学に見る気象」
初の女性気象予報士キャスターとして活躍した石井さん。『源氏物語』の中の気象現象を現代の気象学から検証するユニークな取り組みをはじめ、現在はライフワークである朗読を中心に活動中です。紆余曲折を経ながら、気象、古典文学、朗読と自分の好きな分野を結びつけた秘訣に迫ります。

大塚敦子 人と動物の絆や、命の重みと輝き向き合うフォトジャーナリスト
岩崎祐司
「クスッと吹き出す"パロディ木彫"」
ギャグやダジャレを考えるのが大好きな岩崎さん。「ローマの休日」をもじった「リョーマの休日」では、ヴェスパに乗った竜馬の姿が、サイを一本背負いしている作品の題は「サイは投げられた」と、思わず笑ってしまう作品の数々もご紹介。笑いを欲している方々の期待を決して裏切りません。

今月のおすすめ

「希望の言葉を分かちあいたい」桜井なおみ
特別対談「東日本大震災に思うこと」
柳田邦男&香山リカ
未曾有の被害をもたらした東日本大震災。この国難を乗り越えるために、私たち一人ひとりができることとは......。現地にも取材に行かれたお二人のお話にヒントを得ることができそうです。
仏像ガール
特別企画「自殺対策に取り組む僧侶たちの試み」
藤澤克己
年間に自殺者が12年連続で3万人を超えた、一向に減少する気配がありません。そんな状況を少しでも変える力になりたいと、立ち上がった僧侶たちがいます。手紙相談や、遺族のための法要、集いなどを主催する藤澤さんの活動をご紹介します。

月刊「清流」

2011年7月号No.207 2011/06発売

【第1特集】
ここイチバン! 女性の力

さまざまなかたちの女性の力。今回の大震災でもいろいろな場面で女性の力が発揮されるのを、多くの方々が見届けたことでしょう。「ここイチバン!」の女性の力を改めて見直してみたいと思います。
女性の存在そのものが社会に温もりを与える       高木慶子
内なる力を武器に  玉岡かおる
震災の地で輝きを放った、女性たちの強さと思いやり 
アチェで弟妹の暮らしを支える少女             大石芳野
関東大震災時に助け合いを担った女性たち         鈴木 淳
生きようとする力を最後までもち続けた母         逸見太郎
チームは大家族。みんな愛する子どもたち       宇津木妙子
共感力、観察力、生きる欲望をもつ女性脳が明日を拓く 黒川伊保子

逸見太郎

宇津木妙子


第1特集ここまで

●唱歌逍遥「夏は来ぬ」

●三十一字で知る名画「ひまわり」 結城昌子

●仏像めぐり旅「鹿児島・屋久島 浜えびすさま」・仏像ガール=廣瀬郁実

●いとしきモノたち「チカラビト」 石井英夫

こころのヒント

◆「いちばん大切なものは何ですか?」 安芸倫雄

【第2特集】
沖縄文化にふれる

自然の美しさはいうまでもなく、独自の伝統文化を誇る沖縄。琉球王国として栄えた時代から現在も、さまざまな文化が息づく沖縄文化を紹介します。
与那原 恵/岸 朝子/とみやま よしのり
第2特集ここまで

特別対談前編「東日本大震災に思うこと」

柳田国男&香山リカ

【単発企画】自殺対策?僧侶たちの試み 
 藤澤克己

仏教本来のあり方が「苦」の支えに

上田紀行

ニュースを聞いて立ち止まり... 徳岡孝夫

エッセイ&読み物

オトナになりなさい!
「震災復興に向けて」
大宅映子

日本語大食辞解「【よ】の巻」 
金田一秀穂

上野誠の私的読書室「上海フランス租界の紅茶の味」 
上野 誠

こころを楽に「仮想現実とのバランスを取る」
鈴木皓詞


あの頃のこと「無感動になった自分の頬をたたく」 
吉沢久子

しあわせ日和「地域の行事を楽しむ」
小山明子


いのちの養生法「放射線と怒りの効果」 
玄侑宗久


魂の書「祈り」
金澤翔子、金澤泰子

明日への伝言「アイスキャンデー屋」
安部朱美

鄙への思い「犠牲の地」
田中優子 写真・石山貴美子

うれし!たのし!家庭菜園「トウモロコシ・エダマメ」
藤田智

不安時代のくよくよマネジメント「明日の自分を接待する」
津村記久子

ラ・フォンテーヌの「寓話」に学ぶ人生訓「自分らしく振る舞うことの大切さ」
鹿島 茂

古為今用「蝋燭の灯りで心を癒す」
楊逸

企画連載

戦場に行った女性たち 白河桃子
シリーズ女流作家の家・宇野千代

知ってスッキリ!話題のことば 木暮祐一

著者に聞く『小泉武夫の快食日記「食あれば楽あり」第六集』 小泉武夫

新刊案内

こころの広場

マガジン内容ここまで