2011年6月号No.206 2011/05発売 - 月刊清流
おすすめ
ラッキーになれる習慣
ラッキーになれる習慣 僕がいつも”ツイてる”理由
本書を読めば、いつしかラッキー体質に!ラッキー体質になれば、...
背骨から自律神経を整える
背骨から自律神経を整える ねじるだけで体と心が変わっていく!
背骨はほぼ自律神経!? 自律神経を守り、密接な関係にある背骨...
あの夏、兵士だった私
あの夏、兵士だった私 96歳、戦争体験者からの警鐘
今こそ、伝えたいあの戦場体験!   トラック島、数...

主婦たちに贈るこころマガジン「月刊清流」最新号紹介

2011年6月号No.206 2011/05発売
  • 月刊清流は書店ではお求めになれません
  • ご注文はこちら
  • Fujisanマガジンサービス
1冊700円(送料・税込)
バックナンバーはこちら
お問合わせ・ご注文平日 10:00-18:00
03-3288-5405

今月のきらめきびと

桂 由美 「日本初のブライダルファッションデザイナー
桂 由美 「日本初のブライダルファッションデザイナー
ウェディングドレスをはじめ、ブライダル(花嫁の)という言葉をも一般化させたのが、デザイナーの桂由美さん。日本のブライダル業界をひっぱってきた第一人者です。その根底にあるのは、「花嫁の夢を叶えたい」という心意気。桂さんの熱いメッセージをお届します。
杉山 愛 「後進の指導に情熱を傾ける
杉山 愛 「後進の指導に情熱を傾ける
現役時代の杉山さんは、日本女子テニスを牽引し、世界を舞台に大活躍をしてきました。そんな彼女も引退して一年。現役に未練はまったくないそうです。それだけ、完全燃焼し、後進の指導、テレビコメンテーターなどで活躍する現在が充実しているようです。今後の抱負もうかがいました。
岡 大介 「カンカラ三線で明治・大正の演歌を歌う」
岡 大介 「カンカラ三線で明治・大正の演歌を歌う」
空き缶で作ったカンカラ三線で、明治や大正の演歌を歌うフォークシンガー・岡大介さん。現在32歳ですが、日本の古い歌のよさを伝えていきたいと言います。取材前に出演されていた寄席でも、お客さんが一緒になって歌い、楽しんでいました。

今月のおすすめ

単発企画「私の親孝行」
単発企画「私の親孝行」柴田健一/田山ゆき子/親孝行実行委員会
今年は、5月8日が母の日。普段、なかなか口に出せない感謝の気持ちや、親への思いを「親孝行」というかたちで表してみてはいかがでしょう。詩集『くじけないで』がベストセラーとなっている99歳の詩人・柴田トヨさんの息子・柴田健一さん、週に一度、離れて住む親に絵手紙を送り続けている田山ゆき子さん、若い人たちで立ち上げた「親孝行実行委員会」の木村麗子さんに、それぞれの親孝行についてうかがいました。
特別企画「これでいいの?ペットとのつきあい方」
特別企画「これでいいの?ペットとのつきあい方」鷲巣月美
空前のペットブームと言われるなかで、捨て犬、捨て猫など「放棄」の問題が後を絶ちません。それとともに、動物医療の進歩や室内飼いの増加に伴い、犬や猫の寿命が伸び、終末期の看取りの難しさが浮上してきました。日本獣医生命科学大学教授の鷲巣月見さんに、ペットを飼う前に考えてほしいことについて、お話しいただきました。

月刊「清流」

2011年6月号No.206 2011/05発売

【第1特集】
早めの準備で、今を軽やかに

昨今は、子どもがいても、いなくても、自分のことは自分自身で備えておくことが必要と考える中高年が増えています。面倒なことこそ早めの準備をし、老年期の不安を少しでも軽くしませんか。何をどう準備すればいいのかを考えます。

備えることは、自分の安心と周囲への思いやり 小谷みどり
人生を達観していた江戸時代の人々に学ぶ 鬼頭 宏
介護が必要になったら、どこでどのように暮らすか 中村寿美子
将来のために元気なうちに老前整理を 坂岡洋子
老後の資金計画は、自分の生き方の整理から 和泉昭子
老いの基本は自立。モノから解放されれば心も軽やか 曽野綾子

中村寿美子

坂岡洋子


第1特集ここまで

●三十一文字で知る名画 クロード・モネ「日傘をさす女性(左向き)」 結城昌子

●仏像めぐり旅「東インド・ブッダガヤ」 廣瀬郁実

●いとしきモノたち「気仙大工たち」 石井英夫

こころのヒント

◆「今、何を思っていますか?」 安芸倫雄

【第2特集】
雨に映える アジサイの魅力

万葉の時代から日本の人々に愛され続けてきたアジサイの魅力をたっぷりとお伝えします。
杉本誉晃/黛まどか/地井武男/服部喜美雄
第2特集ここまで

私の親孝行 「98歳の詩人・柴田トヨさんを支えて」 柴田健一/「絵手紙が母への親孝行」 田山ゆき子/「親孝行は親が元気なうちに」親孝行実行委員会

特別企画「被災者のみなさまに贈るメッセージ」

 「これでいいの? ペットとのつきあい方」 鷲巣月美

ニュースを聞いて立ち止まり... 徳岡孝夫

エッセイ&読み物

オトナになりなさい!
「共通番号制度──国民の理解を深め導入を」
大宅映子

上野誠の私的読書室「雨で試される恋心」 
上野 誠

日本語大食辞解「【ゆ】の巻」 
金田一秀穂

こころを楽に「明日を信じて生きる」
鈴木皓司


あの頃のこと「商店街は古道具市のように」 
吉沢久子

しあわせ日和「孫の成長」
小山明子


いのちの養生法「放射能と『光ガード法』」 
玄侑宗久


魂の書「風」
金澤翔子・金澤泰子

安部朱美の人形語り 明日への伝言「肩たたき」
安部朱美

鄙への想い「見守り、見守られ」
田中優子


うれし!たのし!家庭菜園「ナス・ピーマン」
藤田 智

不安時代のくよくよマネジメント「心は共にある」
津村記久子

ラ・フォンテーヌの「寓話」に学ぶ人生訓「心ない噂には気をつけよ!」
鹿島 茂

古為今用「有言と実行」
楊 逸

企画連載
おいしいものがつなぐ人と人 田沼敦子
知ってスッキリ!話題のことば「大相撲八百長問題」 中島隆信
著者に聞く『明治宮殿のざんざめき』 米窪明美

新刊案内

こころの広場

マガジン内容ここまで