2010年7月号No.195 2010/06発売 - 月刊清流
おすすめ
ラッキーになれる習慣
ラッキーになれる習慣 僕がいつも”ツイてる”理由
本書を読めば、いつしかラッキー体質に!ラッキー体質になれば、...
背骨から自律神経を整える
背骨から自律神経を整える ねじるだけで体と心が変わっていく!
背骨はほぼ自律神経!? 自律神経を守り、密接な関係にある背骨...
あの夏、兵士だった私
あの夏、兵士だった私 96歳、戦争体験者からの警鐘
今こそ、伝えたいあの戦場体験!   トラック島、数...

主婦たちに贈るこころマガジン「月刊清流」最新号紹介

2010年7月号No.195 2010/06発売
  • 月刊清流は書店ではお求めになれません
  • 内容を見てみる(PDFファイルが開きます)
  • ご注文はこちら
  • Fujisanマガジンサービス
1冊700円(送料・税込)
バックナンバーはこちら
お問合わせ・ご注文平日 10:00-18:00
03-3288-5405

今月のきらめきびと

柿沢安耶 若き
小林照子
 
メイクアップアーティストの草分け的存在の小林照子さんは、現在75 歳とは思えないお肌のみずみずしさ。美容界のトップとして走り続けてきた小林さんですが、取材では、終始優しくにこやかにお話ししてくださり、モデルさんに実際にメイクも施して頂きました。印象に残ったのは、小林さんの手の美しさ。誌面にも掲載されていますが、メイクの際に、手は人にふれるものなので、最もケアに気をつけていらっしゃるとか。
 
真珠まりこ 『もったいないばあさん』子どもに大人気
笹岡隆甫 華道「未生流笹岡」次期家元
 
本業は無論、さまざまな分野の若き後継者とともに、日本の伝統文化のすばらしさを伝えている。その活動の一つが笹岡さんも世話人を務める「DO YOU KYOTO?ネットワーク」 。写真は今年2月に行なわれたステージイベントで花を活けていらっしゃる笹岡さん。写真提供/未生流笹岡家元事務局
大塚敦子 人と動物の絆や、命の重みと輝き向き合うフォトジャーナリスト
山勢麻衣子 箏曲の魅力を万人に伝えたい
箏曲の伝統、そして人間国宝の師・山瀬松韻さんの後継者として、さぞ重責を感じていらっしゃるかと思いきや、典型的な"アラフォー世代"という山勢さん、いい意味で肩の力が抜けていらっしゃいました。しかし、その目はしっかりと師の背中を見つめていらっしゃるようです。
 

今月のおすすめ

「希望の言葉を分かちあいたい」桜井なおみ
「難病中の難病であるALSを発症」篠沢秀夫さん
「クイズダービー」の名物回答者として、「教授」の愛称で親しまれた篠沢秀夫さん。その篠沢教授は、昨年の2月にALS(筋萎縮性側索硬化症)を告げられ、現在、奥様・礼子さんの献身的介護のもと、一日の大半をベッドで過ごしています。誤嚥による肺炎を防ぐため人工呼吸器をつけたことにより、声を失い、取材には筆談で答えていただきました。「古代の心」で生きているとおっしゃる篠沢教授。「古代の心」とは。ぜひ、ご一読ください。
仏像ガール
新連載「戦場に行った女性たち」白河桃子さん
今、世界中にいかに多くの「戦場」があることか。そしてこの平和な日本には、自ら進んで「戦場に行く女性たち」がいます。何故、戦場へ行くのか。ジャーナリストの白河桃子さんが、逞しくも美しい「戦場へ行った女性たち」にインタビュー。第1回目は国連UNHCR協会事務局長の高嶋由美子さんにご登場いただきます。

月刊「清流」

2010年7月号No.195 2010/06発売

【第1特集】
明日につながる10年後のために

将来の生活を考えたとき、次々と思い浮かぶ不安要素。悩むあなたに、希望の見つけ方をお教えします。

おだやかな10年後のために、今が切り替えのチャンス  羽成幸子
食べものを自分の手で作り出す「農」にこそ未来がある Yae
「また産みたい」と思える妊娠・出産・育児のために  大葉ナナコ
生き心地のいい社会づくりをめざして 清水康之 子ども中心の幸せな日々  羽野晶紀
一日一日を噛みしめて生きていきたい 柴田トヨ
自分の"帰る場所" を見つけたい 真琴つばさ
大病を経"与えられた命" を実感 金 哲彦

真琴つばさ

清水康之


第1特集ここまで

●唱歌逍遥「浜辺の歌」

●ようこそ朝市へ「呼子朝市」

●仏像めぐり旅「勝軍地蔵」仏像ガール

●いとしきモノたち「夕暮れ」 石井英夫

こころのヒント

◆「離婚を考えたことがありますか?」 安芸倫雄

【第2特集】日本庭園―日本人の心と自然観が宿る造形美

 

限られた空間に自然を演出する庭園という名の芸術を紹介します
重森千青/野村ゆみ
第2特集ここまで

ヒューマン・ドキュメント「今の姿を楽しむ"古代の心"で生きています 篠沢秀夫

私にとっての「最後の日本人」 
斎藤明美

ニュースを聞いて立ち止まり... 徳岡孝夫

エッセイ&読み物

オトナになりなさい!
「学ぶことの『本質』を子どもに教える」
大宅映子

日本語大食辞解「【は】の巻」 
金田一秀穂

上野誠の私的読書室「『都』と『古都』を考える―万葉の世界から」 
上野 誠

こころを楽に「『笑顔』を何より大切に」
鈴木皓司


あの頃のこと「身近な所にも空襲が」 
吉沢久子

しあわせ日和「世間の目なんて気にしない」
小山明子


めぐる季節のなかで「娘の結婚」
河野裕子

色のある風景「万葉の紫草 王朝の花」
吉岡幸雄


京都・杉本家の春夏秋冬「『祗園祭の床飾り』と『にしんなす』」
杉本節子

いのちの養生法「食ふに語らず」 
玄侑宗久


魂の書「般若心経」
金澤翔子、金澤泰子

私たちの老いじたく「年をとったら、なんでもよい方だけを見たい」
南 和子

[新連載]戦争に行った女性たち・高嶋由美子さん「人間として苦しむのを見るのが、一番辛い」
白河桃子


不安時代のくよくよマネジメント「強がらなくてもみんな必死なので」
津村記久子

ラ・フォンテーヌの「寓話」に学ぶ人生訓「我が身の不幸は、ふりかからなければわからない?」
鹿島 茂

企画連載
軽井沢だより 橋本不二子
食べもの暦「素麵」
忘れられないあの失敗 野沢雅子
女性にやさしい経済学 和田由貴
健康づくりの常識・非常識 上野川修一
著者に聞く『炎上する君』 西 加奈子

新刊案内

こころの広場

マガジン内容ここまで