2010年10月号No.198 2010/09発売 - 月刊清流
おすすめ
ラッキーになれる習慣
ラッキーになれる習慣 僕がいつも”ツイてる”理由
本書を読めば、いつしかラッキー体質に!ラッキー体質になれば、...
背骨から自律神経を整える
背骨から自律神経を整える ねじるだけで体と心が変わっていく!
背骨はほぼ自律神経!? 自律神経を守り、密接な関係にある背骨...
あの夏、兵士だった私
あの夏、兵士だった私 96歳、戦争体験者からの警鐘
今こそ、伝えたいあの戦場体験!   トラック島、数...

主婦たちに贈るこころマガジン「月刊清流」最新号紹介

2010年10月号No.198 2010/09発売
  • 月刊清流は書店ではお求めになれません
  • ご注文はこちら
  • Fujisanマガジンサービス
1冊700円(送料・税込)
バックナンバーはこちら
お問合わせ・ご注文平日 10:00-18:00
03-3288-5405

今月のきらめきびと

千住博
千住博 世界が認めるSEINJUの美
日本に限らず、外国での仕事も多く手がける日本画家の千住博さん。取材させていただいたのは、学長を務める京都造形芸術大学の東京校舎開校の式典の日。作品を世に送り出すことと同様に、「教育」にも全力を注ぐのが千住さんのモットーである。それはご自身、さまざまなかたちの「良質の教育」を受けたことにより、現在の地位を築いたという思いがあるから、だという。そんなことを念頭に、これからの千住さんの作品をみていきたと感じた
清水とき
清水とき 愛するきものひと筋に
母・登美さん創立の洋裁学校を20歳で継ぎ、大好きなきもの魅力を伝えるために和装に進出してから66年。きものデザイナーとして創作きものの発表や演劇・テレビ・雑誌などの衣装監修を務めるなど、常に日本のきもの界をリードしてきた清水さん。「日本の女をもっときれいにするのがきもの」とおっしゃっる通り、清水さんのきもの姿は、確かに美しかった。
梯久美子
梯久美子 ノンフィクションで描く命の輝き
戦争に関するノンフィクションを多数ご執筆されている梯さんですが、ご自身は、特に「戦争」をテーマにしているわけではなく、そこに生きる「人間」の生の輝きを描きたいといいます。ノンフィクションに込められた、梯さんの「人への思い、希望」を誌面で感じて頂けたらと思います。

今月のおすすめ

河野裕子
「めぐる季節のなかで」
 河野裕子

去る8月12日にご逝去された現代女性歌人の第一人者の河野さん。がん闘病のなか、小誌5月号より、この10月号まで(8月号は休載)連載をしていただいた。食べ物が喉を通らないという病状のなかで、歌とは、家族とは、生きることとは・・・

などをご執筆いただいたが、何度読んでも、その深さが心にしみいります。ぜひご一読ください。

トニー・ラズロ
「漢字っておもしろい!!」
トニー・ラズロ
映画化もされ、今話題の『ダーリンは外国人』のダーリンこと、トニー・ラズロさん。漢字への並々ならぬ熱い思いを語っていただいた。ラズロさんの目を通して、漢字のおもしろさ、豊かさを再認識していただけるページになっていると思います。

月刊「清流」

2010年10月号No.198 2010/09発売

【第1特集】
早寝早起きで 朝を活かす

朝早く起きて、活動する人たちが急増──「朝活」が、今ブームになっています。早起きをして日光を浴びることで、体調や気持ちが安定することを実感しているからこそのブームではないでしょうか。忙しい方ほど朝を有効活用してみませんか。

今、"朝活"が本格的なブームに!


人間は"昼行性" の動物 

神山潤


脳を目覚めさせるには、まず身体を動かすこと 

池谷祐二


朝ご飯で生体リズムを調えよう 

検見崎聡美


主婦の朝活は,自分だけの楽しい時間 

ももせいづみ


朝の日記書きから一日が始まる

小山内美江子

ももせいずみ

小山内美江子


第1特集ここまで

●唱歌逍遥「ツキ」

●ようこそ朝市へ「ゆりあげ港朝市」

●仏像めぐり旅「稲園山七寺・大日如来像」仏像ガール

●いとしきモノたち「むかご」 石井英夫

こころのヒント

◆「夏休みには、どこか旅行に行きましたか?」 安芸倫雄

【第2特集】
「薬膳料理」で今日も元気

味覚の秋に、薬膳で夏の疲れを吹き飛ばし、心と体をケアしてみませんか。
中村きよみ/アグネス・チャン/パン・ウェイ
第2特集ここまで

単発企画「漢字っておもしろい!! 無限に広がる世界」 トニー・ラズロ

単発企画「彫刻家・平櫛田中の生涯」 

ニュースを聞いて立ち止まり 徳岡孝夫

エッセイ&読み物

オトナになりなさい!
「消費税の問題は議論を尽くして」
大宅映子

日本語大食辞解「【へ】の巻」 
金田一秀穂

上野誠の私的読書室「天平サラリーマン・エレジー、万葉の世界から」 
上野 誠

こころを楽に「『誠』に応える心のやり取りを」
鈴木皓司


あの頃のこと「昭和二十年 正月」 
吉沢久子

しあわせ日和「老年期を豊かに生きるには」
小山明子


めぐる季節のなかで「味の記憶」
河野裕子

色のある風景「天川へ水の色を見る、染める」
吉岡幸雄


京都・杉本家の春夏秋冬「『火用心』と『飛龍頭の炊いたん』」
杉本節子

いのちの養生法「薑は八九月食えば・・・。」 
玄侑宗久


魂の書「念彼観音力」
金澤翔子、金澤泰子

私たちの老いじたく「年寄りにとっての服装と靴」
南 和子


不安時代のくよくよマネジメント「信じれば捨てられる」
津村記久子

ラ・フォンテーヌの「寓話」に学ぶ人生訓「島国国民と大陸国民のサバイバル原理の違い」
鹿島 茂

企画連載
軽井沢だより 橋本不二子
食べもの暦「お団子」
忘れられないあの失敗 窪田 等
女性にやさしい経済学 金子哲雄
健康づくりの常識・非常識 堀 史朗
著者に聞く『もっと弁当力』 佐藤剛史

新刊案内

こころの広場

マガジン内容ここまで