月刊清流
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
自分に「いいね!」ができるようになる本
自分に「いいね!」ができるようになる本
認知行動療法を基本にした、心が楽になるレッス...
ひとりぼっちの辞典
ひとりぼっちの辞典
「ひとりぼっち」をテーマとした辞書形式のエッセイ。 「集団」...

主婦たちに贈るこころマガジン「月刊清流」最新号紹介.

2017年9月号No.281 2017/8/1発売
  • 月刊清流は書店ではお求めになれません
  • ご注文はこちら
  • Fujisanマガジンサービス
1冊700円(送料・税込)
バックナンバーはこちら
お問合わせ・ご注文平日 10:00-18:00
03-3288-5405

クローズアップ!

牛窪 恵
   牛窪 恵さん
(マーケティングライター)
「草食系男子」「おひとりさまマーケット」。今ではよく見かける、こんな言葉を世に広く知らしめてきた牛窪恵さん。
 マーケティングライターとして何人もの人に対面取材を行い、世の中の人たちが求めるものを探っては新商品の企画・開発に生かしています。
 "いま"を見つめ時代を読み解く秘訣と、そこから見えてくるものについてうかがいました。
小錦八十吉さん"
  小錦八十吉さん
(タレント・ミュージシャン)
 「ハワイの黒船」と呼ばれ、外国出身の力士として初めて大関に昇進した小錦八十吉さん。
引退後は体重を減らし、体調を整えるための度重なる手術を受け、現在はタレント・ニュージシャンとして幅広く活動しています。
 現役時代の稽古や引退後の療養生活を支えたものは、ハワイでも日本でも変わらず大切な家族の絆でした。
「村上信夫のときめきトーク」ゲスト・高田 明さん
村上信夫のときめきトーク 
ゲスト:天野安喜子さん
 358年続く花火の宗家「鍵屋」の十五代目を継いだ花火師の天野安喜子さんは、日本を代表する柔道の審判員としても活躍しています。
 一瞬一瞬に集中する花火や柔道の世界は、元NHKアナウンサー・村上信夫さんが経験してきた報道の現場とも共通するものがあるようです。

今月のおすすめ

青山浩之さん

  生きている限り、
 写真を撮り続けたい!
   西本喜美子さん
   (写真家)
 ボアの上着をかぶってゴリラに扮したり、自分が物干し竿に吊るされる洗濯物になったり――。ユーモラスな自撮り画像で話題を呼ぶ写真家・西本喜美子さん。
 72歳で写真を学び、74歳でパソコンを覚えた遅咲きの花は「人生は何が起こるかわからんね」と語ります。
小林南水子さん

  自分を励ますために始めた「生け雑草」が本になった
   小林南水子さん

 四季の草花を、気軽なアレンジで暮らしのアクセントに変身!
 小林南水子さんは花や器を買うことなく、身近な草花を使って「生け雑草」を楽しんでいます。多彩な趣味に親しむ小林さんに、好きな世界を広げることの魅力について伺いました。

月刊「清流」

2017年9月号No.281 2017/8/1発売

【第1特集】
健やかに生きるための脳活

 本特集では、脳の仕組み、心がまえ、食事、運動、趣味といったさまざまな視点から、脳を活性化させる方法を探っていきます。
 日々の生活の中で脳活を実践し、「100歳まで元気!」を目指しましょう。


▼苦手なことにも挑戦し、
 年齢不詳の脳になる!
 加藤俊徳


▼「低糖質・高タンパク」の
 食事で脳をいきいき
 溝口 徹


▼軽い運動でも脳が元気に!
 記憶力もアップ
 生塩研一


▼誰でも気軽に楽しめる
 麻雀で脳を鍛える
 勝間和代


▼パソコン操作のおもしろさと
 工夫が脳トレに
 若宮正子


▼健康の秘訣は、目的に
 向かって脳を使うこと
 菅原道仁

 


 

加藤俊徳さん

 勝間和代さん


第1特集ここまで

●にっぽんの島――津々浦々「南大東島(沖縄県)」
 加藤庸二

●日々是「肯」日
「一枚の銅版画と夢のはなし」 
 夏井いつき

●絵双六に魅せられて「大正大震災雙六」 
 吉田 修

●季節を感じる小さな暮らし「長月」
 沖 幸子

こころのヒント

◆オノマトペって、知ってますか? 安芸倫雄

【第2特集】 正岡子規
       三五年の生涯

 病に侵されながらも文学活動を続け、俳句・短歌・散文に新たな躍動をもたらした文学者・正岡子規。
 今年は親友、夏目漱石とともに生誕150年。ふるさと愛媛県松山、後半生を暮らした東京の子規庵と巡り、
魅力に満ちた子規の世界にひたってみることにしましょう。

竹田美喜/斉藤直子
            
第2特集ここまで

● クローズアップ! 牛窪 恵/小錦八十吉

●村上信夫のときめきトーク ゲスト:天野安喜子

●音楽を通した「ケア」で心安らかな時間を手渡す 
 佐藤由美子

●自分を励ますために始めた「生け雑草」が本になった
 小林南水子(なみこ)

エッセイ&読み物

命を育む いのちを見つめる
「山荘の庭で行われた誕生会」
三浦瑠麗

なんでもない毎日を、特別に生きる!
「あなたは"支配されない"生き方をしていますか?」
鎌田 實

今日がいちばん!「お教室」
檀 ふみ

輝く女性の「老い」の生かし方
「老後の不安を吹き飛ばす『メリーウィドウ』のススメ」
坂東眞理子

「江戸暮らし」をひも解く 
「江戸の防災」
菊地ひと美

自然におまかせのリズム 
「『私』がなくなると、『私の身体』はどうなる?」
小池龍之介

エレガントな脳科学 
「祈りの科学」
黒川伊保子

キレイの医学
「50歳からの体型キープ術」
海原純子

よく生きるココロエ
「まず自分が幸福に」
岸見一郎

企画連載

詩歌の小径2「あどけない話――高村光太郎」

書簡の風景8 「鉄幹の妻にあてた鳳(与謝野)晶子の手紙」

人生は80歳からがおもしろい!
「生きている限り、写真を撮り続けたい!」
西本喜美子

今日から始める認知症予防「アニマルセラピー」
川添敏弘

野菜をもっと食べてほしい3
「旬のものは、体が必要としているもの」
植木もも子

おとなのための美文字レッスン
「『すき間を均等に』が美文字の基本」
青山浩之

切り紙でつづる ひだまり通信
「切り紙の時間」
井上由季子

私のお国じまん「香川県」
松本明子

「いま、ここ」に生きる幸せを感じるマインドフルネス
吉田昌生

落語「おもしろ人間学」「ちりとてちん」
柳家花緑

ビギナーのためのクラシック入門
「母への想いをショパンの調べにのせて」
藤澤ノリマサ

著者に聞く『似ている日本語』
佐々木瑞枝

読書なび

こころの広場

マガジン内容ここまで