月刊清流
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
自分に「いいね!」ができるようになる本
自分に「いいね!」ができるようになる本
認知行動療法を基本にした、心が楽になるレッス...
ひとりぼっちの辞典
ひとりぼっちの辞典
「ひとりぼっち」をテーマとした辞書形式のエッセイ。 「集団」...

主婦たちに贈るこころマガジン「月刊清流」最新号紹介.

2017年8月号No.280 2017/7発売
  • 月刊清流は書店ではお求めになれません
  • ご注文はこちら
  • Fujisanマガジンサービス
1冊700円(送料・税込)
バックナンバーはこちら
お問合わせ・ご注文平日 10:00-18:00
03-3288-5405

クローズアップ!

名久井直子
   名久井直子さん
  (ブックデザイナー)
 「本屋さんでは手に取りたくなるけど、家に持って帰ったあとは悪目立ちしない本」。それが、年間100冊以上の本の装丁を手がける名久井直子さんの理想のデザインです。
 作品のもつ世界観を表現し、読み手の期待感をかき立てるために、細部にまでこだわる仕事ぶりを伺いました。
馬遅伯昌さん"
   馬遅伯昌さん
  (料理研究家)
 料理研究家の馬遅伯昌さんは、現在101歳。激動の中国から日本へと、波乱に満ちた人生を送ってきた馬遅さんの元気の秘訣。それはなんでもよく食べ、いつまでも自分を高める努力を怠らない日々の過ごし方にあるようです。
「村上信夫のときめきトーク」ゲスト・高田 明さん
村上信夫のときめきトーク 
ゲスト:泉二弘明さん
 裸一貫、知識ゼロから出発し、東京・銀座で呉服店を営むまで成功した泉二弘明さん。
 元NHKアナウンサー・村上信夫さんも共感するその創意工夫の数々は、私たちにも大切なことを教えてくれるようです。

今月のおすすめ

青山浩之さん

    <新連載>
おとなのための
美文字レッスン
   青山浩之さん
  (教育者、書家)
 「もっときれいな字が書けたら......」そう思いながらも、長年書いてきたクセ字を直すのは難しそう、とあきらめていませんか?
 美文字の伝道師、青山弘之さんによる誌上レッスンで、あなたの文字はグンときれいになること間違いなしです。
神田紅葉さん

  主婦から講談師に。
  六五歳で真打に!
   神田紅葉さん
   (女性講談師)

 無我夢中で家族のために尽くしてきた神田紅葉さん。50歳で講談師に弟子入りし、昨年9月に戦後最年長の65歳で真打に昇進しました。
 いくつになっても夢を忘れずに、挑戦していく――。そんな紅葉さんの生き方をご紹介します。

月刊「清流」

2017年8月号No.280 2017/7発売

【第1特集】人生を変える「言葉の力」
      伝え合う喜びを!

 今日ではメールやSNSなど、間接的な言葉のやりとりが広がっています。 しかし、直接顔を合わせながら展開する「声かけ」や「言葉がけ」には、多くの力が潜んでいます。 毎日、何気なく発している自分の言葉について、改めて見直してみませんか。


▼豊かな会話が
 人生の幸福度を引き上げる
 齋藤 孝


▼状況を見極めた言葉がけが、
 やる気を育てる
 宇津木妙子


▼言葉を生かす工夫で
 夫婦関係がおだやかに
 高橋知子


▼五感を使った「声かけ」で
 介護現場を明るく
 北原佐和子


▼「私は」を主体にした言葉で
 気持ちを伝えよう
 平木典子


▼すべての命を思いやる心から
 「愛語」は生まれる
 酒井大岳

 


 

齋藤 孝さん

 北原佐和子さん


第1特集ここまで

●にっぽんの島――津々浦々「悪石島(鹿児島県)」
 加藤庸二

●日々是「肯」日
「俳句のある生活に『退屈』な時間はない」 
 夏井いつき

●絵双六に魅せられて「翼賛双六」 
 吉田 修

●季節を感じる小さな暮らし「葉月」
 沖 幸子

こころのヒント

◆戦争中の暮らしを知っていますか? 安芸倫雄

【第2特集】 涼を呼ぶ風鈴

 軒下で揺れる風鈴は、日本の夏の風物詩。 その音色を耳にすると、火照った心と体が静まっていくように感じます。 形も音もさまざまな、全国各地の風鈴を紹介しながら、涼しさの秘密と上手な楽しみ方を探りました。

土田義郎
            
第2特集ここまで

● クローズアップ! 名久井直子/馬遅伯昌

●村上信夫のときめきトーク ゲスト:泉二弘明

●主婦から講談師に。六五歳で真打に! 
 神田紅葉

●「少し先の夢」と「役割」をもつことが
 老いの日々を輝かせる!
 井上由季子

エッセイ&読み物

命を育む いのちを見つめる
「京の旅で見つけた日本の『用の美』」
三浦瑠麗

なんでもない毎日を、特別に生きる!
「映画に人生を重ねる楽しみ」
鎌田 實

今日がいちばん!「タイムカプセル」
檀 ふみ

輝く女性の「老い」の生かし方
「成熟した人こそ、相手の気持ちを察する能力にたける」
坂東眞理子

「江戸暮らし」をひも解く 
「江戸の洗濯」
菊地ひと美

自然におまかせのリズム 
「『島の月読寺』の瞑想合宿」
小池龍之介

エレガントな脳科学 
「あなたを選んで、生まれてきた」
黒川伊保子

キレイの医学
「足の爪から、おしゃれを始めよう」
海原純子

よく生きるココロエ
「希望を失うことはできない」
岸見一郎

企画連載

詩歌の小径2「旅と酒を愛した若山牧水の名歌」

書簡の風景8 「永井荷風 妻からの置き手紙」

人生は80歳からがおもしろい!
「いくつになっても心のありようで人生は変わる!」
合田周平

今日から始める認知症予防「メイクセラピー」
大平智祉緒

野菜をもっと食べてほしい2
「野菜の力でストレスに負けない体をつくりましょう」
植木もも子

<新連載>おとなのための美文字レッスン
「美文字への第一歩は『脳内文字のリセットから』」
青山浩之

<新連載>切り紙でつづる ひだまり通信
「記憶のスイッチ絵はがき」
井上由季子

私のお国じまん「和歌山県」
坂本冬美

よい枕でよく眠り、すがすがしく健康に
秋澤かずみ

落語「おもしろ人間学」「船徳」
柳家花緑

ビギナーのためのクラシック入門
「ご質問にお答えします!そして僕自身のことも」
藤澤ノリマサ

著者に聞く『菜箸のひもを切ると料理はうまくなる』
小田真規子

読書なび

こころの広場

マガジン内容ここまで