月刊清流
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
思うだけ! 開運術
思うだけ! 開運術
効果絶大! 「成心(じょうしん)」になる9つ...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...

主婦たちに贈るこころマガジン「月刊清流」最新号紹介.

2017年6月号No.278 2017/5発売
  • 月刊清流は書店ではお求めになれません
  • ご注文はこちら
  • Fujisanマガジンサービス
1冊700円(送料・税込)
バックナンバーはこちら
お問合わせ・ご注文平日 10:00-18:00
03-3288-5405

今月のきらめきびと

海部陽介さん
   海部陽介さん
  (人類進化学者)
 「日本人はどこから来たのか」。この問いに正面から向き合っているのが、人類進化学者の海部陽介さんです。日本人の祖先が海を超えた方法がわかれば、アフリカを起源とするホモ・サピエンスが全世界へ広がることができた原動力のヒントになるかもしれない。海部さんは草舟で台湾から沖縄を目指す「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」を立ち上げ、その謎に挑んでいます。
手塚るみ子さん"
  手塚るみ子さん
(プランニング・プロデューサー)
 「漫画の神様」手塚治虫の長女であり、父亡きあとは手塚作品をさまざまな形でプロデュースしている手塚るみ子さん。しかし、かつては「手塚治虫の娘」であることが嫌で仕方がなかったそう。自分にできることを探し、有名人の娘としての自分を受け入れるまでの、葛藤の日々についてうかがいました。
「村上信夫のときめきトーク」ゲスト・高田 明さん
村上信夫のときめきトーク 
ゲスト:高田 明さん
 テレビショッピング「ジャパネットたかた」の名物社長だった高田明さんが引退してから2年。私たちをグイグイと引きつけたあの語り口調、伝え方はどのようにして生まれたのか。
 言葉のプロ・村上信夫さんが、その極意に迫ります。

今月のおすすめ

小林せかいさん

「誰もが受け入れられる
食堂」を目指して
   小林せかいさん
 (「未来食堂」店主)
 「未来食堂」の店主・小林せかいさんは、お客さんが席に着くとすぐに、手際よくその日の定食を並べます。合理的でいて人の温もりがあり、もちろん味も満足、と顧客が増える一方で、独自の経営方法にビジネス業界も関心を寄せる未来食堂。その誕生に至る経緯や食堂に寄せる思いをうかがいました。
松岡享子さん

 子どもたちの心を養う
 本をいっぱい届けたい!
   松岡享子さん
(児童文学者・東京子ども
 図書館名誉理事長)

 本はこどもの想像力を羽ばたかせ、未知の世界に導いてくれる力をもっています。「だからこそ、子どもには存分に本を楽しんでほしい」。そんな思いのもとに、東京子ども図書館が設立されて43年。子どもと本の架け橋になってきた名誉理事長・松岡享子さんに、その歩みを聞きました。

月刊「清流」

2017年6月号No.278 2017/5発売

【第1特集】
いつかは訪れる 伴侶との別れ

 どんなに仲のよい夫婦にも、別れのときはやってきます。悲しみを乗り越える人、抱えて生きていく人――、その向き合い方はさまざまです。
 いずれ訪れる"そのとき"について考えることは、いまの生き方を見つめ直すことにもつながるのではないでしょうか。


▼夫がいない現実に
 慣れる日が来るのを待つ
 竹田裕子


▼「歌い続けられるのは、夫がつないでくれたご縁のおかげ
 イルカ


▼亡き妻をしのぶバラ園が
 「心の安らぎの場に
 天野和幸


▼伴侶と別れたあとの生活を
 夫婦で話し合う
 豊田眞弓


▼悲しみ、つらさ、不安な気持ちを和らげるために
 鈴木剛子


▼友人関係を築いて
 "没イチ"でもいきいきと
 小谷みどり

 


 

イルカさん

 小谷みどりさん


第1特集ここまで

●にっぽんの島――津々浦々「利尻島(北海道)」
 加藤庸二

●日々是「肯」日「雨の日の佳き時間」 
 夏井いつき

●絵双六に魅せられて「東都流行食通名家双六」 
 吉田 修

●季節を感じる小さな暮らし「水無月」
 沖 幸子

こころのヒント

◆あなたは鏡をよく見ますか? 安芸倫雄

【第2特集】 紙の魔法
        切り絵の世界

 紙と、それを切る道具さえあれば、誰にでもできる「切り絵」。 切り絵には「作画」と「工作」という2つの楽しみがあります。 切り絵の世界の奥深い魅力と、その楽しみ方をご紹介します。

柳沢京子/百鬼丸
            
第2特集ここまで

● クローズアップ! 海部陽介/手塚るみ子

●村上信夫のときめきトーク ゲスト:高田 明

●「誰もが受け入れられる食堂」を目指して  小林せかい

●子どもたちの心を養う本をいっぱい届けたい!
 松岡享子

エッセイ&読み物

心をかるく
鈴木皓詞

命を育む いのちを見つめる
「ディズニー映画から読み取る時代の変容」
三浦瑠麗

なんでもない毎日を、特別に生きる!
「検査なんか嫌いだ!」
鎌田 實

今日がいちばん!「光がいっぱい」
檀 ふみ

輝く女性の「老い」の生かし方
「『悲観』は気分から『楽観』は意志から」
坂東眞理子

「江戸暮らし」をひも解く 
「自分で考える髪形【島田編】」
菊地ひと美

自然におまかせのリズム 
「なーんにもない、新道場の地」
小池龍之介

エレガントな脳科学 「夫婦の視点はすれ違う」
黒川伊保子

キレイの医学「『心』と『眼力』の関係」
海原純子

よく生きるココロエ
「人は誰かの心の中で『不死』になれる」
岸見一郎

企画連載

書簡の風景6 「子規から漱石への最後の手紙」
人生は80歳からがおもしろい!
「美容には、人を健康にする力がある!」
小林照子
今日から始める認知症予防「図書館利用術」
結城俊也
災害時に役立つ「即食」レシピ3
「備蓄食材を使ってかんたんエコクッキング」
今泉マユ子
私のお国じまん「静岡県」
里見浩太朗
化粧の歴史<後編>
「欧米化を経て、個性と流行を意識した化粧へ」
山村博美
「気になる『心のクセ』改善法」 
玉井 仁
落語「おもしろ人間学」「笠碁」 
柳家花緑
ビギナーのためのクラシック入門
「有名なバレエ音楽を巣立ちの応援歌に」 
藤澤ノリマサ
著者に聞く『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 
ルーク・タニクリフ

読書なび

こころの広場

マガジン内容ここまで