焼きペヤングメーカーで話題! ユニークなヒット商品連発の大阪の家電メーカー「ライソン」初の単行本!

焼きペヤングメーカー爆誕!! 一点突破メーカー「ライソン」の破天荒日記! ライソン株式会社代表取締役社長 山 俊介 聞き書き 岸川貴文 2/9発売

定価=1400円+税
サイズ=四六版並製
口絵8頁+本文208頁

商品への愛と情熱、考え方の転換で、意外なことが起こる!

ライソンってどういう意味ですか? ライフとマラソンをかけた造語や。マラソンのように長く、人生をサポートしていくっていう意味や

焼きペヤングメーカー、ジャンボわたあめ屋さん、インペリアルクーラーボックス、ホームロースターなど、ユニークな商品が話題の大阪の家電メーカー「ライソン」。
「一点突破」を目指す商品開発秘話、新卒でライソンができる前のピーナッツ・クラブに入社、36歳でライソンを率いることになった山俊介社長の「売ること」「つくること」に奮闘する日々。
全ての職業人に贈る、熱い仕事の物語!!

目次紹介

はじめに

プロローグ <焼きペヤングメーカー>誕生前夜

めっちゃうまいやん!! これはイケる! ペヤング専用ホットプレートを作ろう!

第1章 焼きペヤングメーカー〉ができるまで

「カップ焼きそばって焼いたらおいしいの?」そんな好奇心から始まった開発の日々。試食の日々、価格と機能のせめぎあいの中、「勝利の方程式」を発見?!

第1話 カップ焼きそばって焼いてないよね
第2話 ペヤンガーたちを満足させる
第3話 誰を喜ばせたいのか心底考えろ

やっぱり取り外せたほうがええんかな…… ホットケーキも焼けたほうがええんかな……

第2章 「売る」の神髄をつかめ

36歳でライソンを率いることになった山社長だが、ライソンができる前の入社当初、売れない営業時代を経験。営業、仕入れ、様々な仕事で「売る」ことに向き合う奮闘物語!

第4話 不遇の営業職時代
第5話 発想の転換で大ヒット
第6話 海千山千のおっちゃんたちから教わったこと

そんなんいらん! 間に合ってます もうかけてくんな!

第3章 お客さんのことを心底考え、商品にとことん向き合え

大手と違って、莫大な広告費をかけるなんてできない。売り方について考える中、ジャンボわたあめ屋さんでクラウドファンディングに挑戦。新しい売り方の道筋となるか──?

第7話 見つけた、ぼくたちのペルソナ
第8話 売り方を変えていこう
第9話 自社製品を爆誕させろ

このままこのやり方を続けていったらアカン これ、オモロイな

第4章 みんなを幸せにするつもりなんかない

2018年、社名が「ライソン」に。4万円のハードクーラーボックス開発の破天荒な物語。ショベルカーに踏ませる実験、橋から落としても壊れない?! 情熱をかけてやり切ったその先にあるものは……?

第10話 商品をとことんイジメ抜け!? ─〈インペリアルクーラーボックス〉開発─
第11話 やり切れば、必ず次につながる
第12話 ひとりのお客さんを大切に

ショベルカーに踏ませてみたらエエやん! ほな、橋の上から落としてみよか

第5章 答えが見えない泥沼のなかを突き進め

ヒット商品となった自宅でコーヒー豆の焙煎ができる「ホームロースター」。中国の工場とのタフなやりとり、クラウドファンディングの高まる期待と不安、納期との闘い、立ちはだかる難題に果敢に挑む!

第13話 情熱が乗り移った〈ホームロースター〉開発
第14話 コンビニコーヒーよりおいしく

これで完成せえへんかったらどうしよ…… できるまで帰らんぞ これが家でできたら十分ちゃう? もう後には引けない。今自分たちができる最高のものを出すしかない

第6章 自分たちにできることで勝っていこう

漫然と作り、売るだけではやがて価格競争をするしかなくなる。ライソン流・結果につながる「刺さる」売り方、宣伝方法、勝負の仕方とは──?

第15話 「今までにない商品」×「今までにない売り方」
第16話 勝利の方程式なんてない

正解がひとつじゃないからこそ、やりがいがある。 未来は誰にもわからないからこそ、仕事だって楽しくなるってもんだ。

エピローグ 終わりなき挑戦

著者について

山 俊介 (やま・しゅんすけ)

1981年鳥取県生まれ。大阪府出身。ライソン株式会社代表取締役社長。同志社大学文学部文化学科美学及芸術学専攻卒業。2004年4月、株式会社ピーナッツ・クラブ入社後、すぐに同社系列のルイスヴァージジャパンに転籍。翌年、ピーナッツ・クラブの国内仕入れ部に移籍。その後、ライソンの前身となるピーナッツ・クラブ第二営業部の立ち上げに尽力する。同じくグループ会社の株式会社ヨシナを経て2018年より現職。趣味はコントラバスの演奏。学生時代や社会人になってから知り合った仲間と今も年に数回の演奏会で弾いている。

岸川 貴文 (きしかわ・たかふみ)

編集者・ライター。編集プロダクション勤務を経て2015年に独立。仕事術、自己啓発、生き方、実用など取材テーマは多岐にわたる。

『焼きペヤングメーカー爆誕!! 一点突破メーカー「ライソン」の破天荒日記!』 ライソン株式会社代表取締役社長 山 俊介 聞き書き 岸川貴文

定価=1400円+税
サイズ=四六版並製
口絵8頁+本文208頁