書籍情報|おすすめ一覧
おすすめ
こころが軽くなる マインドフルネスの本
こころが軽くなる マインドフルネスの本
話題のマインドフルネスが、優しくわかる本。 マインドフルネス...
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
ひとりぼっちの辞典
ひとりぼっちの辞典
「ひとりぼっち」をテーマとした辞書形式のエッセイ。 「集団」...

おすすめ

全24件中 21件 〜 24件
<< 前のページへ  12345
中条省平の「決定版!フランス映画200選」
中条省平  著
  • 定価=本体2400+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-287-4

著者が自信をもってお薦めするフランス映画のガイドブックである。20世紀前半の名作「アンダルシアの犬」、映画黄金時代の「巴里祭」「望郷」、フィルム・ノワール時代の「モンパルナスの灯」「現金に手を出すな」、映画革命時代の「去年マリエンバートで」「死刑台のエレベーター」など、必見のフランス映画がズラリ。フランス映画の魅力はこれ一冊あればバッチリOK。

危険!薬とサプリメントの飲み合わせ
佐藤哲男  著
  • 定価=本体1300+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-315-4

薬は、医者が処方し薬局で調剤してもらうもの。ところがサプリは各人の勝手。そのために、薬とサプリの飲み合わせ次第で、命が危険にさらされるというのだ。例えばワルファリンという血栓溶解剤を飲んでいる人がビタミンEをとると、出血が止まらなくなる。また、骨粗鬆症の治療薬にビタミンDを飲み合わせるとカルシウムの異常増加に。そんな身近な飲み合わせの危険を分かりやすく解説する。

矛盾だらけの禅

矛盾だらけの禅

悟りを求めるアメリカ人作家の冒険
ローレンス・シャインバーグ  著 山村宜子  訳
  • 定価=本体2500+税
  • サイズ 四六判 並製 376ページ
  • ISBN 978-4-86029-326-0

 ローレンスことラリーは、「禅」を布教するために、ニューヨークで「ソーホー禅堂」を開いていた中川球童老師(後に静岡県三島・龍澤寺住職。故人)の指導を受ける。からだ全体でそのまま禅の教えを生きているように見える老師にすっかり傾倒し、禅からさまざまなことを学んでいった。ある時、恋愛に悩んで相談すると、老師は言った。 「混乱しているなら、混乱しなさい! 完全に混乱しなさい!!」  混乱から逃れようとすれば、ますます混乱の深みに入って、ついには溺れてしまう。混乱から逃れるためには、徹底的に混乱の渦中に飛び込むことが逃れる最上に策というわけだ。一見、矛盾しているような教えの数々に、一読開眼、禅で生きるとはどういうことかを会得することができるだろう。また、滋味にあふれた老師の人柄に魅力がじわじわと伝わり、魅力にしびれるはずだ。体験的な、禅の入門書としても魅力を備えている。

TVコマーシャルと洋楽コマソン40年史
かまち潤  著
  • 定価=本体2200+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-314-7

ジェリー・ウォレスが主題歌を歌い、チャールズ・ブロンソンが「ウーン!  マンダム」とつぶやいた、あの「マンダム」の衝撃的TV-CMから始まった日本の洋楽コマソンの歴史。その40年間の軌跡と変遷を、自動車、飲料、化粧品メーカーなどを年代に追ってゆく。2009年までフォローされているのも嬉しい。巻末に採用メーカー別、年度別、アーティスト別の一覧表付き。本邦初公開のレコード・ジャケットも多数掲載、楽しめる全体構成になっている。

<< 前のページへ  12345