書籍情報|おすすめ一覧
おすすめ
こころが軽くなる マインドフルネスの本
こころが軽くなる マインドフルネスの本
話題のマインドフルネスが、優しくわかる本。 マインドフルネス...
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
ひとりぼっちの辞典
ひとりぼっちの辞典
「ひとりぼっち」をテーマとした辞書形式のエッセイ。 「集団」...

おすすめ

全24件中 6件 〜 10件
あの頃のこと

あの頃のこと

吉沢久子、27歳。戦時下の日記
吉沢久子  著
  • 定価=本体1500+税
  • サイズ 四六判 上製 288ページ
  • ISBN 9784860293901

94歳の家事評論家として人気の著者が27歳当時、戦時下の東京での暮らしを綴った日記。

「徹子の部屋」でも話題となった貴重な記録です。

鄙(ひな)への想い

鄙(ひな)への想い

日本の原風景、そのなりたちと行く末
田中優子  著
  • 定価=本体1800+税
  • サイズ 四六判 上製 238ページ
  • ISBN 978-4-86029-414-4

6大学初の女性総長として、法政大学総長に就任する田中優子氏。
江戸から現代に続く「鄙(ひな)-いなかー」と「都市」の関係性を語る。

さよならは小さい声で

さよならは小さい声で

松浦弥太郎エッセイ集
  • 定価=本体1300+税
  • サイズ 四六判 並製 160ページ
  • ISBN 978-4-86029-403-8

◇『暮しの手帖』編集長が心動かされた「すてきなひと」のはなし◇


年齢を重ねるとは、美しくなるということ。

歳を取る美しさを教えてくれた人、働く上で大切なことを語ってくれた人、心に残る恋した人。『暮しの手帖』編集長による「すてきなひと」をテーマにしたエッセイ集。

(帯文より)

「悪知恵」のすすめ

「悪知恵」のすすめ

ラ・フォンテーヌの寓話に学ぶ処世訓
鹿島茂  著
大好評3刷!
  • 定価=本体1700+税
  • サイズ 四六判 フランス装 232ページ
  • ISBN 978-4-86029-400-7

『イソップ寓話』は多くの日本人に知られているが、これをもとに一七世紀フランスのラ・フォンテーヌという文人が書いた「寓話」となると、知る人は少ない。恐らく「イソップ」からの連想で、子供向けと思っているからに違いない。実際は、大人向けの厳しい認識に貫かれた処世訓であり、その冷徹ぶりたるやマキャヴェリの『君主論』に勝るとも劣らない。

もしも、エリザベス女王のお茶会に招かれたら?

もしも、エリザベス女王のお茶会に招かれたら?

英国流アフタヌーンティーを楽しむエレガントなマナーとおもてなし40のルール
藤枝理子  著
  • 定価=本体1600+税
  • サイズ A5判 並製 オールカラー152ページ
  • ISBN 978-4-86029-398-7

歴史と伝統があり、古いものを大切にする国イギリス。

日本人の価値感ともフィットするイギリス好き、紅茶好きな女性たちに向け、優雅にアフタヌーンティーを楽しむのに知っておきたいマナーを伝授する。

きらめく銀器、美しいカップ&ソーサ、憧れの3段スタンドなど、アフタヌーンティーの世界を写真でも楽しめる。