書籍情報: 文芸・エッセイアーカイブ
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...

文芸・エッセイ

全49件中 41件 〜 45件
<< 前のページへ  12345678910  
楽天力

楽天力

――― 上手なトシの重ね方 ―――
沖藤典子  著
  • 定価=本体1600+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-298-0

誰もが年を取るが、その老い方はさまざま。ボケ老人、徘徊老人、老々介護、近親者の死......年を取れば、悲しい現実に直面することも多くなる。しかし、人間は生きていかなければならない。どうせ生きるなら輝いて生きたいもの。著者は年を重ねるにしたがって益々輝きを増し、明るくしなやかに生きる元気印の人たちの、年を重ねるための知恵を公開する。「楽天力」は、正にそんな生き方を象徴する言葉でもある。

楽園の歳月

楽園の歳月

――― 宮迫千鶴遺稿集 ―――
宮迫千鶴  著
  • 定価=本体2800+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-281-2

昨年、悪性リンパ腫で逝った著者の遺稿集。著者は、父君の死に臨んだとき、手術、放射線、抗癌剤の攻撃的治療だけに終始したことに悔恨の情をもったという。そして自らの悪性リンパ腫である。行き着いた先が、死と死後の世界を見据えた医療への興味だった。生命にとって「死は折り返し点に近い」という帯津良一医師の理論に共鳴したのだ。真摯に死と向き合い、今を精一杯生きた著者の生きざまが清々しい。挿入された画もカラフルで明るい。今この瞬間を生きる悦びが弾んでいる。

人と会うは幸せ!

人と会うは幸せ!

――わが「芸界秘録」五〇
嶋田親一  著
  • 定価=本体1800+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-243-0

父君が国会議員だった著者、幼少の頃から著名人に接する機会は多かった。あの古賀政男の膝に乗せてもらったことなど、その最たるもの。長じては、ニッポン放送、フジTVの開局に参加。69年新国劇社長就任。78年にスタジオアルタの常務取締役に就任した。この間、ディレクター、プロデューサーとして幾多のラジオ・テレビ番組、映画製作に辣腕を振るった。美空ひばり、石原裕次郎との交友、森光子、森繁久弥といった大御所との内輪話。当時の写真も多数掲載、大スターの若かりし頃の勇姿が懐かしい。

高度3万3000フィートの乱気流
元全日空機長・乙訓昭法  著
  • 定価=本体1600+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-222-5

全日空機長も含め33年間という長い航空人生を生きてきた。青春の夢を追い、誇りと自信をもって上りつめた機長職。その機長職が期待していたほど素敵な職業ではなかったとしたら......。多くの人があこがれる機長職とは、一体どんなものなのか。地上からの指示やマニュアルでは緊急事態は回避できないから重い決断を迫られる。また、病気をすると身体検査基準が高く、元気に見えても免許は出ない。地上職勤務への道もない。病欠開始後、四年以内に免許取得しなければ解雇。パイロットの宿命とはいえ、確かに厳しい現実が待つ。知られざる航空業界の裏話は興味深い。

国母の気品

国母の気品

――― 貞明皇后の生涯 ―――
  • 定価=本体1800+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-260-7

15歳でのちの大正天皇とご成婚(旧名は九條節子)。節子妃の代に、皇室では初の一夫一婦制が確立する。大正天皇亡きあとは、激動の昭和という時代を国民の範となり、蚕糸・絹業を奨励し、救癩事業に尽くし、燈台守を支援したことでも知られている。皇室外交の先駆者であり、聡明な皇后のお一人であった。そんな貞明皇后の生涯を、丁寧な取材と豊富な資料をもとに迫った著者渾身のノンフィクションである。

<< 前のページへ  12345678910