書籍情報: 文芸・エッセイアーカイブ
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
ひとりぼっちの辞典
ひとりぼっちの辞典
「ひとりぼっち」をテーマとした辞書形式のエッセイ。 「集団」...

文芸・エッセイ

全49件中 16件 〜 20件
<< 前のページへ  12345678910  
誰にでも、言えなかったことがある

誰にでも、言えなかったことがある

脛に傷持つ生い立ち記
山崎洋子  著
  • 定価=本体1500+税
  • サイズ 46判並製 224頁
  • ISBN 978-4-86029-418-2

誰にも言えなかった過去がある。

初めて壮絶な半生と向き合った、山崎洋子渾身の書下ろし!心に傷を持ち生きる全ての人に寄り添う一冊

ブラジル、住んでみたらこんなとこでした!

ブラジル、住んでみたらこんなとこでした!

ようこそ!おいしい食と可愛い雑貨の国へ
岡山裕子  著
  • 定価=本体1500+税
  • サイズ A5判並製 140頁
  • ISBN 978-4-86029-416-8

2014年6月のワールドカップ、2016年夏季オリンピックなど、ますます注目を集めるブラジル。
知ってるようで意外と知らないブラジルの魅力を、現地在住の女性目線で紹介します。スナップも多数。

鄙(ひな)への想い

鄙(ひな)への想い

日本の原風景、そのなりたちと行く末
田中優子  著
  • 定価=本体1800+税
  • サイズ 四六判 上製 238ページ
  • ISBN 978-4-86029-414-4

6大学初の女性総長として、法政大学総長に就任する田中優子氏。
江戸から現代に続く「鄙(ひな)-いなかー」と「都市」の関係性を語る。

産屋
小池昌代散文集

産屋

小池昌代  著
  • 定価=本体2200+税
  • サイズ 四六判 上製 230ページ
  • ISBN 978-4-86029-409-0

いのちとは、エロス〈生の本能/愛〉である


解像度の高い言葉に耽溺する、悦びの時間を


川端康成文学賞、萩原朔太郎賞受賞詩人による〈いのち〉〈肉体〉〈時〉〈言葉〉にまつわる精選エッセイ集

名言がいっぱい

名言がいっぱい

あなたを元気にする56の言葉
  • 定価=本体1700+税
  • サイズ 四六判 上製 240ページ
  • ISBN 978-4-86029-407-6

森鷗外、黒澤明、美智子皇后......。心に響く、元気が湧いてくる、じんとくる、人生の達人が残した56の言葉たち! 歴史に名を残した人の処世術、家族や母の愛、教訓など、愛と智慧にあふれた言葉の数々を背景にエピソードとともに紹介する。

<< 前のページへ  12345678910