書籍情報: 趣味・実用アーカイブ
おすすめ
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

趣味・実用

全67件中 31件 〜 35件
<< 前のページへ  23456789101112  
独歩

独歩

辻清明の宇宙
辻清明  著 藤森武  訳
  • 定価=本体30000+税
  • サイズ A4判 豪華本 220頁
  • ISBN 978-4-86029-332-1

父の影響からか9歳にして骨董品に興味をもち、10歳で手回し轆轤を買ってもらったという辻清明。14歳にしてはや「辻陶器研究所」の看板を掲げ、陶芸家への道を歩み始めた。独立独行精神で孤高を貫き、不世出の陶芸家として知られる辻清明を集大成したもの。花器、香炉、茶碗、徳利などから、清明の代表的な信楽焼きの陶器類はもちろん、彼の焼いたガラス器、残した書画、そして内外からの貴重な蒐集品や創造の現場まで、辻清明という陶芸家の全貌に迫る。

危険!薬とサプリメントの飲み合わせ
佐藤哲男  著
  • 定価=本体1300+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-315-4

薬は、医者が処方し薬局で調剤してもらうもの。ところがサプリは各人の勝手。そのために、薬とサプリの飲み合わせ次第で、命が危険にさらされるというのだ。例えばワルファリンという血栓溶解剤を飲んでいる人がビタミンEをとると、出血が止まらなくなる。また、骨粗鬆症の治療薬にビタミンDを飲み合わせるとカルシウムの異常増加に。そんな身近な飲み合わせの危険を分かりやすく解説する。

タデ食う虫と作家の眼

タデ食う虫と作家の眼

――― 武田泰淳の映画バラエティ・ブック ―――
武田泰淳  著
  • 定価=本体2600+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-264-5

戦後文学を代表する著者が、映画に描かれた<エロスと愛><政治と宗教><戦争と平和>など壮大なテーマに挑み、縦横に論じたエッセイをまとめた。単行本未収録である黒澤明、木下惠介両監督の撮影現場ルポ、『森と湖のまつり』をめぐる内田吐夢監督との白熱の対話、幻の傑作短篇『白昼の通り魔』も収録した。愛娘である写真家武田花さんが語る「武田家の映画鑑賞法」も興味深い。

日本の喜劇王

日本の喜劇王

─―─斎藤寅次郎自伝─―─
  • 定価=本体1900+税
  • サイズ 
  • ISBN 4-86029-125-5

日本にもチャーリー・チャップリンやバスター・キートンのサイレントコメディに匹敵する傑作喜劇を撮った映画監督がいたといったら、驚く方もいるだろう。それが斎藤寅次郎という監督である。エノケン、ロッパ、エンタツ、アチャコ、バンジュンら日本を代表する喜劇人を育てた爆笑喜劇の名監督で、本書はその斎藤喜劇を丸裸にするもの。自叙伝あり、自作を語ったエッセーあり、斎藤監督ゆかりの人たちによるインタビューありの三本立ての構成でバラエティに富んだもの。本年が生誕百年に当たるので、各所で映画祭やイベントも計画されている。今、最も見直されるべき監督ではないだろうか。

黒川能の里
写真・大石芳野  著
  • 定価=本体3500+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-214-0

森敦の小説の舞台ともなった霊峰月山の麓にある黒川地区。黒川能は、黒川の鎮守・春日神社の神事能として氏子たちによって500年もの間、連綿と守り伝え られてきた。この黒川能に魅せられた写真家の大石芳野さんと、作家の馬場あき子さんの共著で出来上がったのが本書。世阿弥が大成した後の猿楽能の流れを汲 み、現存の五流と同系だが、いずれの流儀にも属さず、独自の伝承を続け、中央では滅びてしまった古い演目や演式を数多く残す貴重なもの。大石・馬場のお二 方がこの全貌に迫った。

<< 前のページへ  23456789101112