書籍情報: 趣味・実用アーカイブ
おすすめ

趣味・実用

全67件中 61件 〜 65件
<< 前のページへ  4567891011121314  
神楽坂 Story
中谷吉隆  著
  • 定価=本体2400+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-178-5

今、神楽坂が注目されている。夏目漱石の生誕地に近く、尾崎紅葉、泉鏡花など文人が愛した町としても知られる。神楽坂は横丁や路地、石畳、黒塀などが残り、そぞろ歩くと明治・大正・昭和のロマンを感じさせてくれる。路地を彷徨っていると、島村抱月の死を悲観して後追い自殺した松井須磨子の「カチューシャの唄」も聴こえてきそうだ。往時を髣髴とさせる建物、地元の祭事や四季の移ろいなど、神楽坂の魅力をつぶさに伝える写真集である。

富士山にぞっこん!

富士山にぞっこん!

─―─ 追いかけて3776景 ─―─
荻野清志  著
  • 定価=本体2000+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-258-4

描きも描いたり、である。富士山の絵手紙だけで3776景とは。この尋常ならざる入れ込みぶりには驚かされる。経歴もちょっと変わっている。自治省の役人から香川県副知事に転じ、退職したあと始めた絵手紙の魅力に目覚めたのである。子供の頃から図画と書道が大の苦手だったという。これをセットにした絵手紙なら、上達するまで時間がかかる。その割にお金はかからない。これも魅力だった。「小池邦夫先生のあおり、そそのかしもあって」というのが、"狂富士"の名に恥じない堂々たる富士山追っかけぶりである。

気持ちにそぐう言葉たち
  • 定価=本体1000+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-290-4

「世界一受けたい授業」でおなじみの金田一先生が、擬音(声)語・擬態語の可能性を掘り下げる1冊。月刊『清流』に好評連載されたものだが、ご要望にお応えして単行本化する。堂々めぐりになっている会議で使いたい"ざっくり"まとめよう、ぼんやりと過ごしている時間に使えばピッタリの"まったり"、自分の力が発揮されるときに合う"しっくり"な状態などを駆使していけば、今日からあなたも"オノマトペ"の達人になれるはず。

風の中のI love you
岡田光司  著
  • 定価=本体1500+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-292-8

『写真集 夢の記憶』(4刷)、『写真集 水への手紙』に続く第3弾。今回は前2著から大幅にステップアップしている。奇跡としか思えない珍しい写真も増えた。沖縄の海では、突然鯨がペアで出現、目の前で愛の踊りを舞う。北欧では、猛吹雪が続いて撮影を諦めかけていたら、突如、15分ほど晴れ間が訪れる。是非、ご覧いただきたいのだが、このとき、ハート形をしたオーロラが出現している。空撮したという虹に輝く南の島々の荘厳さ、動物たちの愛らしさも目を引く。ウィンクするフクロウ、お見合いのように向き合う二匹の鹿、巣穴から顔を出したおこじょ......見ているだけで癒される。

知られざるインド

知られざるインド

─―─ 儀礼芸能とその造形 ─―─
写真 沖 守弘  著
  • 定価=本体3800+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-209-6

民族の多様性、社会構造の複雑さ、多種多様な神話と宗教、さまざまな人々が共存する複合文化、因習的儀式、そして伝統的な芸能など、11億のインドの民は豊かな文化を織り成してきた。このヒンドゥー文化に魅せられて、四半世紀でインド取材を100回以上。四輪駆動車を駆ってタール砂漠や辺境の山地まで。走行距離も70,000キロに及んだ。そうして撮影された写真は本邦初公開のものも多く、驚きに満ちたものばかり。

<< 前のページへ  4567891011121314