書籍情報: 趣味・実用アーカイブ
おすすめ

趣味・実用

全68件中 51件 〜 55件
<< 前のページへ  4567891011121314  
小池邦夫と渡辺俊明の絵手紙交流四〇〇〇日
小池邦夫・渡辺俊明共著  著
  • 定価=本体2000+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-212-6

想像がつくだろうか、11年間毎日の絵手紙のやり取り。渡辺俊明が幽明境を異にしたとき、お互い4000通ずつ絵手紙が残された。渡辺の死がなければ、いまだ続いていたはず。本書では畳一畳大を超える大作から、葉書大まで、都合8000通の絵手紙から精選した。福島在の渡辺と狛江に住む小池は、会うのはせいぜい年に数回。この距離がより絵手紙に向う濃密な時間をつむぎだしたのだ。封筒、封緘印、中の絵手紙も自在に遊ぶ。筆記具だってクレヨン、鉛筆、筆、万年筆、ボールペンと多彩。絵手紙の魅力を知るに格好の一冊。

神様が宿る絵手紙!

神様が宿る絵手紙!

─―─ 徹クン、君の画に惚れたよ ─―─
小池徹・邦夫  著
  • 定価=本体1600+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-181-5

絵手紙の創始者小池邦夫さんの長男徹君が昨年亡くなった。35歳という若さだった。しかし、邦夫さんの手許には徹君が5歳、6歳頃に描いた多くの絵手紙が残されている。よく、子どもの絵には神様が宿ると言われるが、まさにこの絵手紙を見ると実感できる。1000枚にも及ぶ絵手紙の中から、選り抜きの数十点を単行本としてまとめた。絵手紙ファンならずとも、描かれた動物、鳥類、植物、人物画のこの迫力には驚かれることうけあい。

乾杯! ごきげん映画人生
瀬川昌治  著
  • 定価=本体2000+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-187-7

今年81歳になる日本を代表する喜劇映画監督である。そんな映画監督の自伝だけに、まだ駆け出し時代の大スターの素顔が初々しい。新人女優だった佐久間良子、三田佳子をスターダムに押し上げ、『列車シリーズ』で渥美清、『旅行シリーズ』でフランキー堺の魅力を全開させた監督としても知られる。学習院高等科時代の先輩、三島由紀夫との秘話や、三木のり平、森繁久弥、伴淳三郎、いかりや長介など、コメディアンとの交遊歴なども興味深い。

MY SWITZERLAND

MY SWITZERLAND

写真集
織作峰子  著
  • 定価=本体2200+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-167-9

スイスといえば、ヘップバーン、チャップリン、ヘッセなど文人や芸術家たちが穏やかな暮らしを求め、終の棲家とした地でもある。著者はそんなスイスの魅力の源泉を求めて、スイスパス片手に鉄道とバス、時にはレンタカーを駆って山から谷へ、小さな村々を訪ね歩いた。だからこの写真集は知られざるスイスの魅力、普段着のスイスの魅力が横溢している。アルプス山麓の雄大な自然、野山の可憐な草花、素朴な人々の飾らない姿、子供たちの笑顔......。2年間に4回の取材行が魅力の一冊にまとまった。

表現の世界

表現の世界

─―─ 芸術前衛たちとその思想 ─―─
松本俊夫  著
  • 定価=本体2000+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-182-2

騒乱の1960年代、映画関係者、映画好きの学生、映像研究者に熱狂的に読まれた本である。すでに絶版となっており、『映像の発見』(弊社で復刻)と並んで復刻を待望されていた。ジャン=リュック・ゴダールの「気狂いピエロ」から、オーソン・ウェルズの「市民ケーン」、今村昌平の「人間蒸発」など、公開時に発表された傑作評論から、戦後文学評論、不条理演劇論、写真論など芸術論を集大成しており、時代を超えて読み継がれるべき名著である。

<< 前のページへ  4567891011121314