書籍情報: 芸術(映画・音楽ほか)アーカイブ
おすすめ

芸術(映画・音楽ほか)

全52件中 41件 〜 45件
<< 前のページへ  1234567891011  
乾杯! ごきげん映画人生
瀬川昌治  著
  • 定価=本体2000+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-187-7

今年81歳になる日本を代表する喜劇映画監督である。そんな映画監督の自伝だけに、まだ駆け出し時代の大スターの素顔が初々しい。新人女優だった佐久間良子、三田佳子をスターダムに押し上げ、『列車シリーズ』で渥美清、『旅行シリーズ』でフランキー堺の魅力を全開させた監督としても知られる。学習院高等科時代の先輩、三島由紀夫との秘話や、三木のり平、森繁久弥、伴淳三郎、いかりや長介など、コメディアンとの交遊歴なども興味深い。

歌劇場のマリア・カラス

歌劇場のマリア・カラス

――― ライヴ録音に聴くカラス・アートの真髄 ―――
蒲田耕二  著
  • 定価=本体3200+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-283-6

本書はマリア・カラスの来し方を追うとともに、ライヴ録音のみのCDをつけた。ライヴ録音にこだわった理由を、著者は二つ挙げる。一つは彼女が年齢とともに成長していく過程を、具体的な音で辿ること、もう一つは、本領発揮はレコーディング・スタジオなどではなく、オペラハウスのステージの上だったことだ。やり直しのきかない状況に置かれたとき、彼女は初めてもてる力を極限まで発揮することができた。そんなカラスの魅力と成長ぶりを知るには、このCDを聴いてもらうしかない。

日本の喜劇王

日本の喜劇王

─―─斎藤寅次郎自伝─―─
  • 定価=本体1900+税
  • サイズ 
  • ISBN 4-86029-125-5

日本にもチャーリー・チャップリンやバスター・キートンのサイレントコメディに匹敵する傑作喜劇を撮った映画監督がいたといったら、驚く方もいるだろう。それが斎藤寅次郎という監督である。エノケン、ロッパ、エンタツ、アチャコ、バンジュンら日本を代表する喜劇人を育てた爆笑喜劇の名監督で、本書はその斎藤喜劇を丸裸にするもの。自叙伝あり、自作を語ったエッセーあり、斎藤監督ゆかりの人たちによるインタビューありの三本立ての構成でバラエティに富んだもの。本年が生誕百年に当たるので、各所で映画祭やイベントも計画されている。今、最も見直されるべき監督ではないだろうか。

小熊秀雄童話集
小熊秀雄  著
  • 定価=本体2400+税
  • サイズ 
  • ISBN 4-86029-141-7

没後65年となる小熊秀雄。その根強い人気はいまだ衰えていない。童話のほか、詩や絵画、スケッチなど、マルチアーティストとしても活躍した人である。本書には18編の小熊童話を全収録している。巻頭で中原中也賞を受賞して人気上昇中のアーサー・ビナード氏が小熊童話の魅力について語っている。氏は小熊童話の中の「焼かれた魚」に惚れ込み、英訳して絵本にしているほどだ。さらに、「池袋モンパルナスと小熊秀雄」と題し、野見山暁治氏と窪島誠一郎氏という菊池寛賞受賞コンビの対談も掲載している

森のフォーレ
  • 定価=本体1500+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-285-0

『水のミーシャ』(読書推進運動協議会賞受賞)、『風のリーラ』に続く「地球・いのちの星」シリーズ第3弾。今回のテーマは大地だ。落ち葉や腐葉土など森から海に注ぐ川の水には、豊富なミネラル分が含まれる。それが海のプランクトンを育て、プランクトン目当ての小魚が集まり、小魚を餌とする大きな魚も集まってくる。森はそんな豊饒の海を育ててきた。逆に、海で育った鮭や鱒が産卵のため遡上して、熊や肉食獣の餌となり、森に還元されていく。だから森が細れば、海も痩せる。森と海との深い相関関係など、親子で大地の恵みを考えるに格好の書である。

<< 前のページへ  1234567891011