書籍情報: 芸術(映画・音楽ほか)アーカイブ
おすすめ

芸術(映画・音楽ほか)

全49件中 31件 〜 35件
<< 前のページへ  12345678910  
中原中也 さらば東京!
中原中也  著
  • 定価=本体1600+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-231-7

2007年は中原中也生誕100年の年であった。30歳で夭折したが350篇以上の詩を残している。この詩人の人気は、現在にいたるもまったく衰えをみせない。全集がすでに四度出ていることでもその人気のほどがうかがえる。本書は『山羊の歌』と『在りし日の歌』を中心に厳選した詩と瀬尾明男氏の写真をコラボレートさせている。判形をハンディな新書サイズとしたので持ち運びにも便利だ。いつでも手許に置いて中也の詩に親しんでいただける。

マイナス50℃の世界
米原万里  著
  • 定価=本体1500+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-189-1

米原万里の幻の処女作が再び日の目を見ることになった。元々、小中学生向けに編纂され科学シリーズの1冊として刊行されたものだが、大人の鑑賞に耐える本に完全にリニューアルした。加筆修正をするとともに、写真家・山本皓一さんの現地カラー写真を新たに加えた。真冬のシベリアは大河が自動車道になる、高層建築の基礎は塩水で造る、など極寒の地の驚くべき生活が明らかになる。共に旅した椎名誠さんが「彗星の最初の輝き」と題する推薦文を寄せてくれた。

田宮二郎、壮絶!

田宮二郎、壮絶!

─―─いざ帰りなん、映画黄金の刻へ─―─
升本喜年  著
  • 定価=本体1800+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-172-3

日本を代表するビッグスター田宮二郎。その田宮が、猟銃自殺で自ら四十三年の生涯に終止符を打ったのはほぼ三十年前。著者は同世代人として、銀幕からテレビへと大きく舵が切られた時代を共に駆け抜けてきた。容姿端麗だけでなく、国際感覚にも優れた演技派俳優だった田宮は、TVドラマでも、清潔感をもちながらややダーティな一面も見せる役柄で、茶の間の主婦を魅了した。著者はそんな田宮の死を心から悼み、自分が接し、自分が見た、等身大の田宮二郎を赤裸々に綴ったのである。

表現の世界

表現の世界

─―─ 芸術前衛たちとその思想 ─―─
松本俊夫  著
  • 定価=本体2000+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-182-2

騒乱の1960年代、映画関係者、映画好きの学生、映像研究者に熱狂的に読まれた本である。すでに絶版となっており、『映像の発見』(弊社で復刻)と並んで復刻を待望されていた。ジャン=リュック・ゴダールの「気狂いピエロ」から、オーソン・ウェルズの「市民ケーン」、今村昌平の「人間蒸発」など、公開時に発表された傑作評論から、戦後文学評論、不条理演劇論、写真論など芸術論を集大成しており、時代を超えて読み継がれるべき名著である。

私の母子像
  • 定価=本体2800+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-266-9

月刊『清流』に3年間にわたって好評連載されたものを単行本化する。子を思う母、母を慕う子の心は永遠だ。だからこそ一枚のキャンバスに描かれた母と子は、時代を超えて変わらぬモチーフとなってきている。著者は本書で36の「母子像」との巡り合いとその感動を綴っている。有名作家のものばかりではない。今はもう忘れ去られた画家の絵もある。だが、共通するのは、著者がその母子像を見たときの、自らの体験に照らした血が騒ぐ気持ちであろう。

<< 前のページへ  12345678910