書籍情報: 人文書アーカイブ
おすすめ

人文書

全34件中 31件 〜 34件
<< 前のページへ  1234567
母になったあなたに贈る言葉
浜 文子  著
  • 定価=本体1400+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-244-7

四六時中子育てに追われると、孤立したように思え、精神的に落ち込む母親もいる。そんな母親たちに浜文子さんがエールを送る本だ。「子育ては科学ではなく文学」が持論の浜さん。連綿と続いてきた命の連鎖の不思議さを語る。母子となったそのとてつもない確率での縁について語る。そして親子共に成長していく喜び。子育てはこんなにも崇高なものなのか、がストンと腑に落ちる。疲れたお母さん方に是非読んでいただきたい本だ。

絵筆は語る

絵筆は語る

自分色を生きた女たち
  • 定価=本体2400+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-310-9

メキシコの女性画家、フリーダ・カーロ研究の第一人者である。起伏に富んだ近代女性画家の生き方から現代女性が学べる点が多いはず、との観点からカーロを含む8人を選び、その実像に迫った。度重なる夫ディエゴ・リベラの裏切りに悲痛の叫びをあげたフリーダ・カーロ。夫・好太郎の死を乗り越え、"花の画家"としてその才を開花させた三岸節子。戦争で息子と孫を亡くし、反戦思想を掲げ、作品を描き続けたケーテ・コルヴッツ。こうした女性画家8人の激しくも色濃い人生から、何をどれだけ掴み取れるかは読者次第である。

最後の日本人
齋藤明美  著
  • 定価=本体1700+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-293-5

自信と希望を失った現代の日本人への応援歌ともいえる本だ。『婦人画報』誌に2年以上にわたって好評連載された「最後の日本人」の単行本化である。連載に当たって、著者の齋藤明美さんは、日本人として誇り高く、凛とした生き方をしている25人を、自らの視点で選んだという。高峰秀子、緒形拳、永六輔、出久根達郎、森英恵、澤地久枝、天野祐吉、吉行あぐり......登場者のお名前の一部を並べてみただけでも、なるほどと納得できる。

フジ子・ヘミングの「魂のことば」
  • 定価=本体1200+税
  • サイズ 
  • ISBN 4-86029-006-2

世界的なピアニストとなり、今や人気絶頂のフジ子・ヘミング。そのフジ子には、長い不遇の時代があった。二十代後半からベルリンに音楽留学しているが、個人レッスンのピアノ教師位しか仕事もなく、母からの仕送りを受けての貧乏生活であった。そんな耐乏生活の経験は、フジ子を逞しくすると同時に、弱者への視線を育むことになった。活字や電波に乗ったフジ子の言葉の端々にも、そんな優しさがほの見えている。トルストイを敬愛し、キリスト教を信仰するフジ子の言葉は、読むだけで後ろから後押しされるようで、生きる力が湧いてくる。

<< 前のページへ  1234567