書籍情報: 人文書アーカイブ
おすすめ

人文書

全34件中 26件 〜 30件
縁あって生かされて

縁あって生かされて

――― 岩波唯心書画集 ―――
岩波唯心  著
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-268-3

目が良く見えない。右半身不随で利き腕を失った。ところが著者は、ぼんやりとした視力で、そして左手を鍛えることによって、素晴らしい書画を描き続けている。それにしても水墨画の精緻な筆遣いをどう会得したものか。筆先数本で描いたようなモグラの体毛。武鯛や亀なども実に細やかなタッチで描かれている。書も実にいい。障害をもつ人が書いたとは思えない流麗さがある。書画に添えられた言葉も深い。突き抜けた解放感に包まれながらも、人生の機微やその深淵さを伝えてくる。

楽天力

楽天力

――― 上手なトシの重ね方 ―――
沖藤典子  著
  • 定価=本体1600+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-298-0

誰もが年を取るが、その老い方はさまざま。ボケ老人、徘徊老人、老々介護、近親者の死......年を取れば、悲しい現実に直面することも多くなる。しかし、人間は生きていかなければならない。どうせ生きるなら輝いて生きたいもの。著者は年を重ねるにしたがって益々輝きを増し、明るくしなやかに生きる元気印の人たちの、年を重ねるための知恵を公開する。「楽天力」は、正にそんな生き方を象徴する言葉でもある。

目覚めよ! 借金世代の若者たち
アーニャ・カメネッツ  著 山村宜子  訳
  • 定価=本体1900+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-296-6

30歳という年令になっても借金を抱え、望むような仕事に就くことができない。医療保険や年金もないから将来の展望をまったく描けない。当然ながら結婚して家庭をもつこともできない。著者は「世界で最も豊かな国に生まれたのに、なぜ、私たち18歳から35歳の世代はその恩恵に与れないのか」と嘆く。若者たちへの取材を通して、「ロスジェネ世代の若者よ、目覚めよ、そして行動せよ」と訴えるのだ。この現実は近未来の日本でもある。

神田村通信
鹿島 茂  著
  • 定価=本体1600+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-218-8

贈呈本に執筆のための資料、楽しみで購入したもの等、事務所も自宅も本の洪水状態の鹿島茂先生。夜中、本の大雪崩の音で飛び起きたこともあったとか。このエッセイ集では、神田神保町のおすすめスポット(同じ神保町内に事務所をもつ逢坂剛さんとの対談も所載)から、中高年になっての都会生活の楽しみ方、そしてここ数年で十数キロのダイエット成功の秘訣まで、鹿島先生のここ数年の悦楽生活が浮かび上がる。

失われた聖櫃(アーク) 謎の潜在パワー
  • 定価=本体2200+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-237-9

聖書に記された聖櫃は、聖杯と共につきない謎がある。本書は聖櫃の重要性に関する興味深い研究成果をまとめたもの。著者は聖櫃のシナイからエルサレム、さらにその後の流転の足跡を辿り、高名な核物理学者の協力を得て、金を無重力状態に変える聖櫃の驚くべきパワーについて調べた。また、古代エジプト、ファラオの墓に残された記述を現代科学に照らして検証した結果、反重力や念力移動など、今後の科学技術の進歩に多大な影響を与えかねない事実を発見している。本書は米国で映画化が決定しており、その原作本となる。